新型コロナウイルスの影響で、コンビニやドラッグストアで働く店員が、客からの理不尽なクレームに悲痛な声をあげている。

「みなさんには、客=神様ではなく、人対人として、モラルのある行動をお願いしたいです」
「感染リスクに、脅えながら日々頑張っているけどモチベーション下がるお客さんが多くて嫌になってきています」

これらの声は、いずれもJタウンネット編集部宛に届いたメールから抜粋したものだ。

一体、彼らの身に何があったのか。私たちの生活を支えるコンビニやドラッグストア店員たちの声を聞いてみよう。

POPなんて「見てない!」「聞いてない!」

まず紹介するのは、愛知県内のドラッグストアで働く男性・真人さん(40代、仮名)の投稿だ。店には毎日のように迷惑客が来店するという。コロナの影響で「えげつない客」がさらに増えているとも。

勤務先の店舗では、ハンドソープが品薄になっているという。「コロナの感染拡大が防止されれば」という思いから「1家族につき1個」と販売個数の制限をしたそうだ。

お一人様一点限り!(画像は編集部撮影)

みなさんも、近隣のドラッグストアなどで個数制限を喚起するPOPを見たことがあるだろう。真人さんの店舗では、お詫びの文章も売り場に設置していたという。

しかし、である。ハンドソープを一度に5〜6個レジに持ってきた50歳前後の女性がいたそうで...。

「アルバイトの女の子がおばさんに事情を説明しましたが、『そんな文章(個数制限を説明したもの)みてない!』などと言ったのです。その時は、ぶつぶつ文句を言いながら1個だけで会計を済ませていました。
しかし、その数分後です。同じおばさんが、またハンドソープを1つ持ってレジに来ました。先ほど会計をした女の子が『1日1回の会計でお願いします』といいましたが、おばさんは『そんなの聞いてない!』とゴネ始めました」

本当に、聞いていなかったのかもしれないが、女性が口頭で説明しているではないか...。困ってしまった女性店員は、真人さんの元へ相談に来たという。そして、レジ対応を交代したものの...。

「その客は『聞いてない!』『見てない!』『私もハンドソープがなくなって困っている!』と主張。私がおばさんに向かって『先ほど買われていましたよね』と尋ねると、『初めて買いに来た!レジの女の子が勘違いしている!感じ悪い!』と言ってきました。
前回の会計から数分しか経っていないのですが...。しかも、ほとんどのお客様が個数制限をしている意味を理解し、ご協力していただいている中、こんな理不尽な客を見間違えることなんてありえないです」

真人さんは、その客に防犯ビデオを見せて証拠を突きつけたかったそうだが、話が大きくなり揉めることを避けたかったため、渋々販売したそうだ。

「普通の家庭で、そんなに沢山のハンドソープ、必要ですか?社会人になる練習に来ているアルバイトの女の子に、いい歳をした大人がそんな姿を晒して恥ずかしくないのでしょうか?同じ大人として、僕はとても恥ずかしい気持ちになりました。
みなさんには、客=神様ではなく、人対人として、モラルのある行動をお願いしたいです」

会計しようとしたら「触らんといて!」

続いて紹介するのは、大阪府でコンビニ店員として働く誠也さん(仮名)の投稿だ。

コロナの影響で、誠也さんが働く店舗では客に雑誌やコミックの立ち読みを遠慮してもらっているという。とはいえ禁止ではなく、あくまで遠慮である。そのため、立ち読みをする客もいるそうだ。

「立ち読みご遠慮」の貼り紙(画像は編集部撮影)

「今日もマスクをせず、立ち読みをする年配のお客さんがいたので、一声かけました。気に触る言い方はしていません。『すみません。今はコロナ感染予防で立ち読みは御遠慮頂いています』って感じで言いました」

立ち読みをする人に、毎度お願いするだけでも相当なストレスを感じているように思えるが...。だが、誠也さんが対応した客は、「その時は」すんなりと話を聞いたという。

しかし、お願いをした客がペットボトルをレジに持ってきた時のことだ。

「私に『立ち読みあかんのはコロナのせいなん?』と、不機嫌そうに聞いてきました。私はそこで、お詫びしました。その後、お会計しようとしてペットボトルを触ろうとしたら『触らんといて!』と言われました。
私はレジに入る前には、必ずアルコールで手を消毒しています。なのに、そんな言い方されて、かなりムカつきました。マスクもせず、店内に長居しようとしていたくせに...。『店員が少し触るのがあかんのか!』って思いました」

客が、立ち読みできない腹いせに誠也さんに文句を付けたのか。それともペットボトルを触られたくなかったのか。それは、分からない。

誠也さんはストレスを感じながら、商品には触れずにバーコードをスキャン。本来貼るはずのシールも貼れなかったという。とはいえ、客とのやりとりもこれで終わりだ。ムカッとしながらも安堵したことだろう。しかし、客はレジから離れなかったという。

「そのまま帰るのかと思ったら『袋は!!』って、怒ってきたんです。さっきは私の手が汚いみたいな言い方をしたのに...。私の手で触る袋が欲しいのでしょうか。
嫌がらせの八つ当たりにしか思えなかったです。そんなに店員に触られたくないのなら自販機で買えばいいのに...。感染リスクに、脅えながら日々頑張っているけどこんなモチベーション下がるお客さんが多くて嫌になってきています」

店員だって、感染リスクの不安を抱えながら仕事をしていることだろう。客側へのモラルが求められること、間違いなしだ。

「忘れられない迷惑客」教えてください!

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的なエピソード(どんな客だったのか、そのポイントなど、500文字程度〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。