「あんた死んだみたいになってるよ」

自室に入ってきた親に突如そんなことを言われてしまったら、心配になることだろう。家族から言われるほど、今自分はげっそりした表情にでもなっているのだろうか......などと、色々考えてしまいそうだ。

ツイッターユーザーのきくみな(@miitara37)さんが2021年10月11日、親から言われたそんな一言を添えて写真を投稿し、話題を集めた。

映っているのは、親が見たという姿。一体、どれくらい「死んだみたい」になっていたのか。話題の写真をご覧いただきたい。

きくみな(@miitara37)さんのツイートより(以下同)

机の前で作業に励む女性。しかし、あら不思議。頭上に見事な天使の輪が。輪っかは神々しい光を放ち、部屋を優しく照らす。

薄暗い部屋の雰囲気と相まって、今にも天に召されそうな感じだ......。

「神に選ばれし光の天使ですね」

「部屋の照明死んだから、代わりに女優ライトを使ってたんだけど、部屋入ってきた親に『なんか、あんた死んだみたいになってるよ』って言われた」

撮影当時の状況について、そう振り返るきくみなさん。部屋の照明が切れてしまったため、写真や動画撮影時に映りをよくするために使われる通称「女優ライト」を代わりに用いたのだという。

リング型のライトを机の上に設置して、これで明るさはばっちり!と、思いきや、実際に人が座ってみたら、ポジションが絶妙過ぎてものすごく天使になってしまったのだ。

ツイートは、13日夜時点で2万8000件以上のリツイート数を記録し、17万9000件以上のいいねが付くほど、多くのユーザーの目を引いた。

リプライ欄にはこんな声が寄せられ、賑わいを見せている。

「天使がいるw」
「天から迎えきてて草」
「女優から天使へ昇華」
「神に選ばれし光の天使ですね」

あふれ出る天使感へのコメントが寄せられると同時に、「生まれて初めて女優ライトが欲しくなりました」という反応も。ライトの意外な使い方に興味を持った人もいたようだ。