J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』で、Lady Gagaの『Hold My Hand (From “Top Gun: Maverick”)』が首位を獲得した。

このチャートは、J-WAVE全番組のオンエア回数、Billboard JAPAN協力の各音楽ストリーミングサービス、ダウンロード、動画再生回数、CDセールス、Twitterのツイート回数をポイント計算。番組では世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは6月12日(日)付のチャートを紹介!

10位:milet『Walkin' In My Lane』

毎週木曜日フジテレビで放送中のテレビドラマ『やんごとなき一族』の主題歌。miletはデビュー3周年を記念したスペシャルライブ「milet 3rd anniversary live“INTO THE MIRROR”」を7月20日(水)に東京ガーデンシアターで開催する。

【関連記事】milet、電撃が走ったかのように魅了されたアーティストとの出会いを明かす

9位:John Legend feat. JID『Dope』

今週スーパーモデルの妻Chrissy Teigenと一緒に所有していたニューヨークの2世帯のペントハウスをおよそ22億円で売却したことが明らかになったJohn Legend。もともとは6つの寝室、屋上デッキがある2階建てのペントハウスを合体させ、1つの大きな家にリノベーションする目的で購入したそうだが、それを売却。ビバリーヒルズにある家のリノベーションに集中するためなのだとか。

8位:Lizzo『About Damn Time』

現在Amazonプライムでドキュメンタリー『リゾのビッグガール探し』が公開中だが、先日インタビューで「いまは話さないけどもう1本、別に撮影したものがあるの」とコメント。インタビュアーが「もしかして親友のHarry Stylesとコラボ?」と問いかけると「いや、わからないわ。だってコーチェラに私が出ることだって知らされてなかったんだから。でも彼とだったらいつでもコラボしたいわ」と語っている。

7位:YOASOBI『好きだ』

YOASOBIと4名の直木賞作家が「はじめて◯◯したときに読む物語」をテーマに小説を書き下ろすコラボプロジェクト。第一弾は島本理生とのコラボ『ミスター』で、それに次ぐ第二弾が森 絵都とのコラボとなる『好きだ』となる。

6位:UA『お茶』

6年ぶりの新作、EP『Are U Romantic?』収録曲。同EPにはくるりの岸田 繁、NulbarichのJQ、中村佳穂などが参加している。『お茶』はハナレグミの永積 崇が楽曲提供している。

5位:米津玄師『M八七』

映画『シン・ウルトラマン』の主題歌。順位は1位→3位→5位とランクダウンもTOP5を維持した。

4位:Rina Sawayama『This Hell』

曲を聴いた感じはダンスポップだが「どことなくカントリーシンガーのShania Twainのような感じがする」と多くのファンが感じているようで「Rinaはカントリーにハマっているのか?」とザワつく事態に。実際にRinaは最近のインタビューで、デビューアルバム『SAWAYAMA』をLAでレコーディングしていたときに「すっかりカントリーにハマったのよ」と語った。特にKacey Musgravesをよく聴いていたそうで、9月2日(金)に発売予定のアルバム『Hold The Girl』はカントリーにインスパイアされたアルバムだとコメントしている。

3位:Diana Ross, Tame Impala『Turn Up The Sunshine』

78歳にして現在UKツアー中のDiana Ross。6月26日(日)におこなわれるグラストンベリー・フェスティバルでもレジェンド枠でパフォーマンスする予定。Dianaは1956年から現在まで65年以上のキャリアを誇るスーパーレジェンドで、これまで1億枚以上のアルバムを売っているが、グラミー賞はこれまでに12回ノミネートされたものの受賞は1度もしていない。2012年に彼女の功績を称える「Lifetime Achievement Award」の受賞のみとなっている。

2位:Harris, Dua Lipa & Young Thug『Potion』

世界中で大ヒットしたアルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』から5年振りとなるアルバム『Funk Wav Bounces Vol. 2』がこの夏リリース予定。この曲でフィーチャーされているラッパーのYoung Thugは5月10日にアトランタ警察に逮捕された。容疑はYoung Thug自身が設立したレーベルYSL自体がギャング組織であり、56にわたる犯罪行為をおこなったというもの。このことを受け50 Centをはじめとしたラッパーが次々とコメントを出している。なかでも同じアトランタ出身のラッパー21 Savageは「ギャングが多い町から成功したラッパーにとって、出身地との距離を保つのが難しい。地元を捨ててしまうと『裏切者』になってしまう」とコメントしている。ちなみにYoung Thugは無罪を主張している。

1位:Lady Gaga『Hold My Hand (From “Top Gun: Maverick”)』

2連覇を達成。Lady Gagaはファッションサイト「ELLE」のインタビューで自身のキャリアのなかで最もファッションにこだわった瞬間を振り返り、2015年のアカデミー賞でとても不評だったメイクとドレスは本人的には「実は気に入っていた」とコメント。一番印象深いファッションは2021年、バイデン大統領の就任式で着た防弾ドレス。シルクのリボンを髪に編みこんでパフォーマンスしたことが印象に残っているという。

1位:Lady Gaga『Hold My Hand (From “Top Gun: Maverick”)』
2位:Harris, Dua Lipa & Young Thug『Potion』
3位:Diana Ross, Tame Impala『Turn Up The Sunshine』
4位:Rina Sawayama『This Hell』
5位:米津玄師『M八七』
6位:UA『お茶』
7位:YOASOBI『好きだ』
8位:Lizzo『About Damn Time』
9位:John Legend feat. JID『Dope』
10位:milet『Walkin' In My Lane』


『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。