今最も勢いのある若手俳優の一人に数えられる神尾楓珠が、いまだかつてない姿形を見せてくれる。6月17日公開の映画『恋は光』は、恋の光が見える大学生の西条と、恋する女子大生3人が織りなす文系哲学恋愛ムービー。恋する女性が光って見える特異体質ゆえに恋を遠ざけている西条というキャラクターを、眼鏡姿&独特なイントネーションで神尾が際立たせている。そんな神尾に話を聞くと、度入りの眼鏡をかけたことでの思わぬ影響やキャンパスライフ妄想を語ってくれた。

哲学的なキャラクター、眼鏡は“度入り”

──『恋は光』は、個性的な4人が “恋”を探究する物語。脚本を読んだ感想をお聞かせください。

脚本を読むというよりも、小説を読んでいるような感覚がありました。動きのある映画というよりも、文学的な難しい単語も出てくる会話劇の映画なので、どのような完成形になるのだろうかと想像するのが面白かったです。しかも西条は一風変わったキャラクター。自分の中にはない哲学的な男子像を生み出すのが難しくて、演じていてすべてが新鮮でした。

──メインとなる4人は神尾さんのほか、西野七瀬さん、平 祐奈さん、馬場ふみかさんと、女性ばかりですね。

最初はどう振舞ったらいいのか、どの程度のコミュニケーションを取ればいいのか戸惑いました。でも蓋を開けてみたら意外とみんな仲良くなれて思った以上に居心地がよかったです。みんな落ち着いている性格というか、西野七瀬ちゃんを筆頭に空気感が柔らかくて、そのおかげで僕も気を張らずに現場に入ることができました。

──西条の独特なセリフ回しも苦労したのではないかと……。

まさにその通りで、相手のセリフのイントネーションに引っ張られてしまうときがあって、特に宿木(馬場ふみか)とのシーンでは、セリフを話しているうちに普段の僕の喋り方に……。テイクを重ねた記憶があります。

20220617kamio_022.jpg
【関連記事】神尾楓珠、吉岡里帆と語る! 尊敬する俳優は?

──個性的なデザインの眼鏡も似合っていました!

ちょっと個性的なデザインの眼鏡ですよね。あれは伊達メガネではなくて、実際に度が入っています。プライベートでは眼鏡をかけているので、劇中の眼鏡も自分の視力に合わせていただいたものです。その甲斐あってか、撮影現場の様子もいまだかつてないくらいクリアに見えました。当時を振り返ったときに「だから思い出も鮮明なのか!」と思ったりして(笑)。

──そんなクリアな撮影での印象的なシーンはありますか?

思い出深いのは電車のシーン、北代(西野)との鮎釣りのあとの場面です。実際に電車に乗って、流れる景色も綺麗だし、まるで実際の幼馴染と久々に会って楽しく昔話をしながらプチ旅行をしているような感覚になりました。

──女性の心理で不思議に思うことはありますか?

よく思うのは、「かわいい!」という感覚です。キャラクターに対してもおじさんに対しても「かわいい!」という感覚は、ちょっと僕には理解できないかもしれません(笑)。その「かわいい」の定義とはなんだ?と。女性が何かを指して「かわいい!」というのを耳にするたびに悩んでしまいます。おじさんが可愛い?「渋い!」というのならば僕もわかりますが……。なんでも「かわいい!」と処理できてしまう感覚は不思議です。

俳優業にも活きるサッカー経験&もし大学生活を送るなら

──神尾さんは中高生時代サッカーに熱中されていたそうですね。その経験が今の仕事に活きていると感じたことはありますか?

サッカー経験で養われたのは、周りを見渡す目かもしれません。サッカーでの好きなポジションはサイドバック。試合でもサイドバックとして周りとのバランスを図りながらプレイしていたので、その視点を俳優業に持ち込むことは多いかもしれません。現場での共演者のオフの雰囲気で自分の立ち位置を探ったり、学園モノをやっているときは同世代が多いので積極的にコミュニケーションを取りに行ったり。それができたのはサッカーでの集団行動や集団生活に慣れていたからだと思います。

20220617kamio_033.jpg
──もし西条のように神尾さんが大学生活を送っていたとしたら、どんなキャンパスライフだったと思いますか?

学生時代に楽器をやっておけばよかったと思うことがあるので、もし大学生活を送っていたとしたら、友だちとバンドを組んでいたと思います。僕がギターで、ツインボーカルもいいかもしれません。僕はMrs. GREEN APPLEやBUMP OF CHICKENが好きなので、楽曲をコピーしてみたいです。

気合いが入るミスチルの一曲は?

──仕事の前に聴くと気持ちがアガる一曲があれば教えてください!

聴いたら気持ちがアガるのは、Mr.Childrenの『羊、吠える』という楽曲です。シングル曲ではなくて、アルバム『SUPERMARKET FANTASY』収録の一曲。とにかく歌詞がすごくよくて、一番目のサビの歌詞が自分的に「自分の立場で頑張れ!」という意味に思えるので、撮影前に気持ちを整えるために聴くと「頑張るぞ!」という気合いを入れてくれます。



(取材・文:石井隼人)

神尾楓珠のJ-WAVE出演情報

神尾楓珠は6月19日(日)18時からオンエアの『UR LIFESTYLE COLLEGE』に出演。事務所の先輩である吉岡里帆が、俳優業について、プライベートについて話を聞き、魅力をたっぷりお届け。オンエアから一週間後の6月26日まで、radikoでも楽しめます。

【radikoで聞く】https://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20220619180000