J-WAVEは、都市フェス「J-WAVE presents INSPIRE TOKYO 〜Best Music & Market」を9月17日(土)、18日(日)、19日(月・祝)で開催。場所は国立代々木競技場(第一体育館、第二体育館、外周エリア)。

ここでは、18日(日)の2ndステージの模様をテキストでお届けする。2ndステージの出演は、STUTS、(sic)boy、KANDYTOWN、Awich。

(text by笹谷淳介/Photo by Tsukasa Miyoshi <Showcase>)

【1stステージのレポートはコチラ】

9月18日(日) 2ndステージレポート

<STUTS>

MAIN_stuts-20220918_180947_R3A5500-220918-05.jpg

2nd STAGEのトップバッターとしてSHIBUYA STAGEに登場したのはビートメーカーとして活躍するSTUTS。演奏のスタートと同時にメロウな雰囲気に包まれる会場。時折、笑みを浮かべながら代名詞であるMPCで洗練されたビートを鳴り響かせる。「STUTSと申します。最後まで楽しんでもらえたら嬉しいです」と謙虚に挨拶したのは束の間、激しいビートメイクで「Ride」「Mirrors」を披露すると、「新曲をやります」とAwichがステージに登場。2人で制作したという恋煩いについて歌った「タイミングでしょ (feat. Awich)」を初披露し、会場のボルテージは最高潮に。豪華ゲストが続くステージでは、NENEがドラマ主題歌として話題となった「Presence Ⅲ (feat. NENE)Changes (feat. JJJ)」を披露。時折視線を合わせながらふたりで名曲を歌い上げると、STUTSの新アルバムにも参加するJJJがステージを大きく使いパフォーマンス。人気曲である「Changes(feat. JJJ)」で極上のフロウとライムを見せつける。最後は、北里彰久が透き通る声で「Horizon(feat. 北里彰久)」を歌い上げ、2nd STAGEのトップとして見事に場内をSTUTS色に染め上げた。

SET LIST
01. Introbr
02. Ridebr
03. Mirrorsbr
04. タイミングでしょ (feat. Awich)
05. Onebr
06. 夜を使いはたして
07. Presence Ⅲ (feat. NENE)
08. Changes (feat. JJJ)
09. Horizon (feat. 北里彰久)

【STUTSのその他のライブ写真を見る】

<(sic)boy>

MAIN_sic-20220918_184845_70I1434-220918-04.jpg

ミクスチャーやオルタナティブ・ロックをベースに、今までになかった独自ラッパー像を表現する(sic)boy。今日の彼のパフォーマンスは異彩を放つものだった。透き通る高音で歌唱したかと思えば、ロングシャウトで場の空気を一変させ観客の目と耳を釘付けにしていく。新曲の『dark horse』を見事に歌い上げると、MCでは「ラジオやってもMCが上手くならなくて困っていますけど……」と、J-WAVEのラジオ番組『SONAR MUSIC』でコーナーを担当していたことにも言及。その後もフルスロットルにパフォーマンスを立て続けに披露。中盤にはJUBEEが登場し、彼がフィーチャリングで参加した『手紙』『君がいない世界』を披露し、最後の最後まで会場を盛り上げ続けた。

SET LIST
01. Akuma Emoji W/SE
02. 爆撃機
03. (sic)'s sense
04. living dead!!
05. dark horse
06. (stress)
07. 眠くない街
08. 手紙 feat.JUBEE
09. 君がいない世界 feat.JUBEE
10. Last Dance
11. Heaven's Drive

【(sic)boyのその他のライブ写真を見る】

<KANDYTOWN>

MAIN_kanday-20220918_191925_73I2530-220918-05.jpg

SHIBUYA STAGEの2番手として登場したKANDYTOWN。“東京出身の大人数ヒップホップ・クルー”という存在で確固たる地位を築いた彼らのパフォーマンスは冒頭から最高潮。KEIJU、Ryohu、IOによる9月23日発売の最新曲『Curtain Call』で幕を開けるとその後も各々で活躍するラッパーが一堂に集結するとここまで力が増すのかと思わせるビートとライムの数々は流石というひと言に尽きる。MCは設けず矢継ぎ早に楽曲を披露。「今日はみんな雨のなか来てくれてありがとう!」とKEIJUが言葉を発すると、観客もその言葉に応え、この日いちばんのハンズアップ。中盤ではIOを中心にメンバーが客席に降りてパフォーマンスする一幕もあり、忘れかけていた“熱狂”を想起する一級品のアクトを披露。最後には代表曲『One More Dance』でもう一段階、会場のギアを上げ、これぞヒップホップなステージを完結させた。

SET LIST
01. CURTAIN CALL
02. PROVE
03. PROGRESS
04. LAST WEEK
05. LOCAL AREA
06. SUNDAY DRIVE
07. PAPER CHASE
08. GET LIGHT
09. R.T.N
10. SCENT OF A WOMAN
11. SUNSET
12. ONE MORE DANCE

【KANDYTOWNのその他のライブ写真を見る】

<Awich>

MAIN_aw-20220918_200148_72I3450-220918-08.jpg

白いピンスポットライトがセンターに立つAwichを照らす。トリを務めた彼女は、冒頭「Queendom」から圧巻の歌唱で会場を熱気で包み込む。「口に出していいのは私だけだからね」と言葉を発しスタートした「口に出して」や「どれにしようかな」など人気楽曲も多く披露した今回のステージは、彼女の妖艶さと美しさが混在していた。来年にはアリーナ公演を行うことも発表し、「辞めなければリベンジはできます」と「Revenge」をパフォーマンス。「携帯のライトを使って私に見せてくれますか」と客席を煽ると会場全体が光に包まれ、多幸感ある空間に。雰囲気はそのままに熱い思いを吐露した後、「TSUBASA」のパフォーマンス。終盤にはKEIJUが登場し、最後まで観客を楽しませた。ラストは「Bad Bad」で締めくくり、「ありがとう、代々木! 愛してるよ!」と2nd STAGEの幕を閉じた。

SET LIST
01. Queendom
02. Shook Shook
03. NWO
04. DJ U-LEE TIME
05. 口に出して
06. どれにしようかな
07. Revenge
08. TSUBASA
09. WHORU?
10. GILA GILA
11. Link Up feat. KEIJU
12. Remember feat. KEIJU
13. Bad Bad

【Awichのその他のライブ写真を見る】

【開催概要】

「J-WAVE presents INSPIRE TOKYO 〜Best Music & Market」
公式サイト:https://www.j-wave.co.jp/special/inspire2022/
開催日時:2022年9月17日(土)、9月18日(日)、9月19日(月・祝)
会場:国立代々木競技場 第一体育館、第二体育館、外周エリア