J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』。1月16日(水)のオンエアはおやすみ中の別所哲也に代わり、山中タイキがナビゲート。「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」のコーナーでは、話題の「美顔ボイトレ」に注目。美顔ボイトレの生みの親で、1万人以上を指導してきた美顔ボイストレーナーの鳥山真翔さんに話を伺いました。

鳥山さんは、メジャーシンガーやアイドルのボイストレーニングも行っています。表情筋を使うと声がよくなるという事実は、シンガーやアイドルのプロの間でも認知されています。さらにアイドルの生徒からは「ボイストレーニングをすると、顔が小さくなってる気がする」という声も。美顔ボイトレをすることで、ほうれい線や顔のたるみ、目のくまなども消えていくほか、声のアンチエイジングにも繋がるそうです。

鳥山:女性にも変声期があります。加齢とともに声がどんどん枯れていき、低くなります。女性ホルモンが減少すると低くなるところにもアンチエイジングをして、もとの美しい響きに戻すことができます。


■まずは表情筋が使えているかどうか、チェック!

鳥山:まずは「うー」と唇を突出してください。中の歯が見えるくらい突き出して、縦の楕円をつくったら、そのまま鼻にくっつけてみてください。つかない時点で、鼻の下が脂肪になっているということです。ということは、代謝も起きず、たるんでいき、ほうれい線になるリスクがあります。つかない方は、頑張ってトレーニングをしてみてください。

続いて、正しい発声をするためのトレーニングを解説しました。

鳥山:鼻で呼吸をして鼻の空洞に声を響かせることが、美しい声を出す鍵になってきます。鼻に空気を送り込むべく、目を寝ぼけまなこのような感じで、全部脱力してみてください。なかなか鼻のほうに空気が入っていかないと思います。逆に、目の筋肉をガッと開いて、奥までグッと開いて鼻呼吸を試してみてください。きっとかなり奥まで入っていきますよね。目が覚めてくるような感じがすると思います。目の筋肉がたるんでくると呼吸も浅くなり、声もどんどんこもっていってしまいます。しっかりと目の筋肉を鍛えることで、鼻に響かせることができます。

鳥山さん曰く、普通の人は表情筋の20パーセントほどしか使えておらず、80パーセントは全く動かしていないのだとか。表情筋を意識して使うと一石二鳥、三鳥と、いいことがあるかもしれません。より詳しく知りたい方は、鳥山さんの著書『美顔ボイトレ 声を出すたびに美しくなる』(祥伝社)を手にとってみてください。

radikoタイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190116063048 ※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr