J-WAVEで放送中の番組『TRUME TIME AND TIDE』(ナビゲーター:市川紗椰)。3月9日(土)のオンエアでは、シンセサイザープログラマー、プロデューサーの松武秀樹さんがゲストに登場。シンセサイザーに興味を持ったきっかけや、今後の目標を伺いました。


■アナログシンセサイザーの仕組み

松武さんは、電子音楽家・冨田勲のアシスタントを経て、「モーグ・シンセサイザー」のプログラマーとして、ロック、ポップス、CM音楽などのレコーディングに参加。「YMO第4のメンバー」として数々のレコーディングやワールド・ツアーにも帯同したことで知られています。

現在のシンセサイザーは音がメモリ化されていますが、アナログシンセサイザーはボタンや記憶装置が一切ありません。どのような仕組みなのでしょうか。

松武:アナログシンセサイザーは三つの要素があるんです。一つ目は「発信機」で、二つ目は「フィルター」。音色を加工する装置で、音がブライトになったりダークになったりします。三つ目は、鍵盤を押したら音が鳴って、離すと消える、という「アンプ」の装置ですね。この3つの組み合わせで音を作っています。原理は簡単なんですが、なかなか気に入った音を作ることができない。既存の楽器の音に近づけるために、シンセサイザープログラマーが要求に応じて音を作っています。

現在のデジタルシンセサイザーは、ほとんどに記憶装置が入っているので、気に入った音を作っておくことができたり、用意されている音を加工することができるそうです。現在のシンセサイザーはレトルト食品に似ている、と松武さん。

松武:例えば、レトルトカレーは温めるとカレーになります。それに辛めのパウダーを入れて自分なりの味にするところは、今のシンセサイザーに似ているかもしれません。
市川:アナログの頃は、スパイスから調合しないといけない?
松武:そうですね。材料から用意しておかないといけない。カレーライスを作るなら、じゃがいもやにんじんを自分で切るしかない。
市川:カレーの例え、わかりやすいです。


■冨田勲に教わったこと「音のデッサンできないとダメ」

松武さんは20歳くらいのころに、冨田勲さんのアシスタントになりました。松武さんの父が音楽業界にいて、冨田さんの事務所の社長に「電気と音楽を分かっている息子がいるんだけど、雇ってもらえないか」という話をしたそうです。松武さんがシンセサイザーを知るきっかけになったのは、大阪万博でした。

松武:高校生の頃に大阪万博が開催されていて、大阪に泊まり、レコード屋さんに行きました。バッハの曲を奇天烈な音で演奏しているアルバムがあり、「これは何ですか?」と訊いたら、「ウォルター・カルロスがシンセサイザーという楽器で演奏しているんだ」と教えてくれたんです。そのままレコードを買って、家で聴いていたんですけど、「どうやったらこの音が作れるんだろう」と思っていて。当時はネットもないので、シンセサイザーという形もわからず、楽器屋さんに行って写真を見せてもらいました。「こんな物で複雑な音が作れるんだ」というのが最初のきっかけですね。「将来はこういう楽器で仕事ができるといいな」と思っていました。

そして偶然、松武さんが入社した年に、冨田さんがシンセサイザーを買うことになりました。先生が寝ている夜中に自由に触ることを許されたそうですが、音の出し方などは教えてくれなかったと話します。

松武:先生はわざと教えてくれなかったんだと思います。つまり、「僕と同じ音を作ってもしょうがない」と。自分で自分の楽器を作る装置なので、「自分で楽器を作りなさい」という感じですよね。冨田先生が唯一教えてくれたことは、「デッサンできないとダメだよ」ということ。
市川:デッサンですか?
松武:絵の設計図ですね。「音を行き当たりばったりで作るんじゃなくて、音のデッサンを考えてから、音を作りなさい」と言われました。
市川:日頃からどんな音を聴いても分析する癖がついているんですか?
松武:当時は外に出て、車の音や雑踏の音など聴きまくったというか、歩き回りました。


■仕事をしたいアーティストはレディ・ガガ

松武さんが今後やりたいことや目標について伺うと、「自分の脳波やDNAを音にしたい」と答えてくれました。

松武:ボケ老人にならないためには、自分のDNAの音を作ってずっと聴いていること。脳波でそういうことを研究している方がたくさんいるんです。何かの病気になったけど、自分のDNAと脳波の音を混ぜ合わせることで、病気の進行が遅くなるとか。そういうことにシンセサイザーを使えたらと思いますね。健康でいたいと、みんな考えていると思うので、少しでもシンセサイザーが役に立てばいいなと。
市川:一緒に仕事をしてみたいアーティストはいますか?
松武:レディ・ガガとやってみたいです。一曲でいいから、プログラマーとして呼んでくれないかな。

最後に、「YMOの次の世代が出てきてくれないかなと思っています。海外でシンセサイザーがメインのバンドはそんなにいないですから、日本じゃないとできないと思います」と未来への期待も明かしました。

【番組情報】
番組名:『TRUME TIME AND TIDE』
放送日時:毎週土曜 21時−21時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/timeandtide/