脳のパフォーマンスは、食事でも上げることができる。管理栄養士の中沢るみが、生活に取り入れたい食べ物を紹介した。

【9月10日(火)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」(ナビゲーター:別所哲也)】


■ゴマは「すりゴマ」がおすすめ

栄養満点のゴマ。私たちの体に欠かせないマグネシウムが豊富で、これが不足すると、いろいろなサインが体に現れる。

中沢:汗をたくさんかくと、マグネシウムも出ていってしまいます。まぶたがピクピクと痙攣したり、マグネシウムは筋肉を正常に動かしてくれる働きがあるため、不足すると足がつりやすくなります。

健康効果を期待するなら、炒りゴマよりもすりゴマがおすすめ。ゴマの殻は硬く、そのまま食べるとうまく消化吸収されないからだ。また、市販のすりゴマを冷蔵庫に3〜4カ月ほど入れておくと油が酸化しやすいので、直前にすったゴマを使うようにしよう。


■ナッツの中でも記憶力や学習能力を高めるのは

マグネシウムが多く含まれる食材の頭文字を並べた「ま・ご・わ・やさ・しい」という言葉がある。豆、ゴマ、わかめ、野菜、シイタケのことだ。

中沢:中でも野菜と豆の栄養がダブルで入っているのが枝豆です。わかめ、ひじき、昆布などの海藻類、ナッツなどの種実類も、マグネシウムが多いのでオススメです。

特に、クルミは記憶力や学習能力を高めて、脳のパフォーマンスを上げてくれるというデータが発表されている。

中沢:アーモンドやピーナッツ、カシューナッツなどのナッツ類は、血流をよくして、肩こりや腰痛を改善したり、ホルモンバランスを整えてくれる別名"若返りビタミン"と呼ばれているビタミンEも多いのでおすすめです。ミックスナッツもいいですね。

さっそく生活に取り入れてみてはいかがだろうか。

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」では、日々の生活をポジティブにする「健康」と「美」のトピックスを様々な視点で紹介している。放送は月曜〜木曜の6時30分頃から。お楽しみに!

radikoタイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190910063227 PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr