J-WAVEが2000年から毎年続けてきたライブイベント「J-WAVE LIVE」。2020年は、9時間にわたる特番『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Takanawa Gateway Fest presents J-WAVE LIVE2020 #〜音楽を止めるな〜』をオンエアする形で開催した。出演したのは、ASIAN KUNG-FU GENERATION、KREVA、SIRUP、SKY-HI、スガ シカオ、東京スカパラダイスオーケストラ、秦 基博、ハナレグミ(※五十音順)の8組。

8月13日(木)に映像配信される前に、現時点で最新となるKREVAのライブの模様をお届けしよう。(J-WAVE NEWS編集部)

KREVA
有明に誕生した、最大収容人数8,000キャパの東京ガーデンシアター、ここでライブが行われるのは、本日が初である。そのトップ、杮落しを務めたのはKREVA。「パーティはIZUKO? 〜2019 Ver.〜」で景気よくスタート、「ねぇ パーティはIZUKO?」「ここだ!」のコールが華やかに響く。2曲目は、一転してドープに「人生」。KREVAも、彼を支えるバンドも、今のこの時期だとは思えない、余裕すら感じるパフォーマンスである。

「ラジオなんで説明しときますね。KREVAがバンドを従えて、生放送で、東京ガーデンシアターで、杮落しライブをやっています!」とKREVA。「時代が変わるかもしれない。変わらなきゃいけないかもしれない。でも、時代がどんなに変わったって、これが基準!」というMCで、3曲目の「基準 〜2019 Ver.〜」につなげる。「今日からはこれが基準」を放つ前の、高速ラガマフィン状態になるラップが、特に強烈。続く「One feat JQ from Nulbarich」の、音源ではJQが歌うサビは、コーラスでバンドに加わっているSONOMIが担当、美声を響かせる。

KREVA
「フェスティバルはずっとトップギアだと疲れちゃうんで、次はこの曲を。最近、いろんな人にこの曲が好きだと言ってもらえます」と、「瞬間speechless」へ。恋に対峙すると無力になってしまう自分を描いた、KREVAとしてはちょっとめずらしいこの直球のラブソングを、好きな人が多いのは、わかる気がする。

メンバーの名前をひとりずつコールし、「今日の『J-WAVE LIVE』、たまたまだと思いますが、出演者が全員男の中、唯一参加しています」とSONOMIを紹介。彼女と一緒に作った新曲があるので歌います、楽器でもワインでもビンテージっていうものがある、時を重ねていくことにもっと誇りを持とう、という曲です──と、「素敵な時を重ねましょう feat.SONOMI」へ。6月24日に公式サイト限定でCDリリースされたばかりの、現時点での最新作である。

KREVA
次は、KREVAが初めてSONOMIとコラボした「ひとりじゃないのよ feat.SONOMI」(2004年)。KREVA、最後のサビで「ラジオの前のみんなも一緒に歌ってくれ!」とリスナーをあおり、SONOMIの歌に声を重ねていく。

そして、SONOMIがコーラスのポジションへ戻っての「音色 〜2019 Ver.〜」。「素敵な時を重ねましょう」が終わって「ひとりじゃないのよ」が始まるまでの一瞬の間も、「ひとりじゃないのよ」が終わってSEが鳴り、「音色」へつながっていく感じも、一流のDJのような絶妙さである。

KREVA
「音色」の後半では、SONOMIのコーラスも、バンドの演奏も、KREVAの歌も、どこまでもエモーショナルに昇りつめていく。最後は「俺がDr.K! これがJ-WAVE! KREVAでした、どうもありがとうございました!」というシャウトで締められた。

(取材・文=兵庫慎司、撮影=三吉ツカサ)

■セットリスト
M1. パーティはIZUKO? 〜2019 Ver.〜
M2. 人生
M3. 基準 〜2019 Ver.〜
M4. ストロングスタイル 〜2019 Ver.〜
M5. One feat.SONOMI
M6. 瞬間speecheless
M7. 素敵な時を重ねましょう feat.SONOMI
M8. ひとりじゃないのよ feat.SONOMI
M9. 音色〜2019 Ver.〜

映像配信情報

タイトル:J-WAVE LIVE 2020 〜#音楽を止めるな〜
配信日程:2020年8月13日(木)20:00〜
※この日はJ-WAVEの周波数「81.3FM」にかけた「J-WAVEの日」です。
※放送後にアーカイブ配信も行います。※2020年8月20日(木)23:59まで
配信プラットホーム:LIVE LOVERS https://livelovers.jp/(Streaming Plus)
・視聴料金
・視聴券(7月25日〜8月20日18時)¥3,500(税込)
・グッズ付視聴券(7月25日〜7月31日)¥4,500(税込・送料別)*グッズは8月上旬にお届け予定
・グッズ付視聴券(8月1日〜8月20日)¥4,500(税込・送料別)*グッズは9月上旬にお届け予定

視聴券販売サイト:http://eplus.jp/j-wavelive2020/

配信/視聴方法に関するお問い合わせは↓
イープラスサポートサイト:https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

公式グッズ情報

・オフィシャル“BIG-Tシャツ”(ユニセックス/アーミーグリーン)¥3,300(税込)
・オフィシャル“BIG-Tシャツ”(レディース/ホワイト)¥3,300(税込)
・J-WAVEオフィシャルマフラータオル ¥1,320(税込)*グッズ付視聴券のタオルとは別色
・J-WAVEオリジナル ecoバッグ ¥770(税込)
・J-WAVEオリジナル 洗えるフェイスマスク(クール素材)¥550(税込)

公式グッズ販売サイト:https://shop.eplus.jp/jwavespeciallive2020/

『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Takanawa Gateway Fest presents J-WAVE LIVE2020 #〜音楽を止めるな〜』とは

J-WAVEが2000年から毎年続けて来たライブイベント『J-WAVE LIVE』を、9:00〜17:55の約9時間にわたり、J-WAVEのオンエアで開催しようという初の試み。出演アーティストは8組で、ナビゲーターはクリス・ペプラー、その8組以外の時間は、過去の『J-WAVE LIVE』におけるさまざまなアーティストたちの、貴重なライブ・テイクが放送された。

会場は、JR山手線高輪ゲートウェイ駅前特設会場にオープンした「Takanawa Gateway Fest」会場内のJ-WAVEプロデュースによるエンターテイメントレストラン、J-WAVE NIHONMONO LOUNGEと、この日が杮落しとなる東京・有明の8,000人キャパの新ヴェニュー、東京ガーデンシアターの2ヵ所。

東京ガーデンシアターのKREVA、ASIAN KUNG-FU GENERATION、東京スカパラダイスオーケストラと、J-WAVE NIHONMONO LOUNGEのSKY-HIとSIRUPは、ライブをリアルタイムで生中継。J-WAVE NIHONMONO LOUNGEの秦基博・スガシカオ・ハナレグミは、事前に行ったライブの音源がオンエアされた。

放送局:J-WAVE(81.3FM)
番組名:J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Takanawa Gateway Fest presents J-WAVE LIVE 2020 〜#音楽を止めるな〜
放送日時:2020年7月24日(金・祝)9:00〜17:55
ナビゲーター:クリス・ペプラー(J-WAVEナビゲーター)
出演アーティスト:ASIAN KUNG-FU GENERATION、KREVA、SIRUP、SKY-HI、スガ シカオ、東京スカパラダイスオーケストラ、秦 基博、ハナレグミ(※五十音順)

radikoのタイムフリー:7月30日(木)28時59分までradikoのタイムフリーでオンエアが聴取可能。

(PART1)http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200724090000
(PART2)http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200724120000
(PART3)http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200724150000

番組公式サイト:https://www.j-wave.co.jp/special/live2020/
番組公式Twitter:https://twitter.com/jwavelive2000