J-WAVEでは日本時間 3月27日(土)、オンラインライブイベント「J-WAVE BAR ON LINE feat. JON BATISTE」を実施。ハービー・ハンコックやウィントン・マルサリスに高く評価され、さらにスティーヴィー・ワンダー、プリンスとも共演経験のあるアーティスト ジョン・バティステが出演。MCは、4月よりツインで『POP OF THE WORLD』(毎週土曜日6:00〜8:00)ナビゲーターを務めるハリー杉山、長濱ねるが務めた。

日本のカルチャーから受けた影響とは?

現在33歳のバティステはニューヨークを拠点に活動中。17歳でインディーズデビューし、ジュリアード音楽院ではピアノの学士号と修士号を修得。メジャーデビュー後は、グラミー賞の最優秀アメリカンルーツパフォーマンス賞にノミネートされた実績もある。最近では、昨年配信となったディズニー・ピクサー映画『ソウルフル・ワールド』で劇中歌、エンド・ソングを担当。今年3月19日にはアルバム『ウィー・アー』をリリースした。

210329_jonbatiste-thumb-900x600-107316.jpg

ジョン・バティステ (c)LouisBrowne

現地時間3月26日(金)夜のニューヨークよりバティステと、J-WAVE局内よりハリー、長濱、そしてJ-WAVEのリスナーズ・コミュニティ「J-me」より招待した30人を繋いで、当イベントは行われた。

バティステは自宅から参加。「バイブスを出すためには素敵な環境が必要」と語るように、その部屋にはアートなどが飾られている様子が画面越しにうかがえる。

MC2人は、「かっこいいですよね。初めて聴いた曲で(心を)掴まれて、その後に映画『ソウルフル・ワールド』を観て、楽曲を全部監修したなんて後から知って、大ファンになりました」(長濱)、「ソウルってこういうことなんだなとか、人生ってどういう風に愛するべきなのか、自分のことをいかに愛するべきなのか、ということを教えてくれる」(ハリー)と、バティステの魅力を表現した。

bar2103291.jpg

まずはインタビューパート。ハリーがバティステのルーツを探っていくと、7歳のときに家族と一緒に出演したコマーシャルを神戸で撮影したという、バティステと日本の早くからの関わりが判明した。さらにバティステは若い頃から、ゲームをプレイしたり、コミックを読んだり、アニメを見たりと日本のカルチャーに親しんでいたのだそう。特に好きなアニメは「らんま1/2」でVHSのビデオテープを買って観ていたのだとか。

日本のカルチャーが自身の音楽に影響を与えた点を聞くと、「アニメやビデオゲームの曲を聴いて、ピアノでプレイしたり、どう作曲をするかを学んだ」と幼少期のエピソードを明かしたバティステ。下村陽子氏による『ストリートファイターII』『メガマン』、植松伸夫氏による『ファイナルファンタジーVII』などの楽曲を聴いていたという。

続いて長濱より、アルバム『ウィー・アー』収録曲について、ジャズを基調としつつ多彩な音楽性が入っている点に触れると、「世の中には同じ人は存在しなくて、同じ音楽も存在しない。世界はジャンルレスである」という思いを込めたとバティステ。また、アルバムタイトル『ウィー・アー』については、「人生においての質問であり答え」という意味合いを込めたという。

ライブパートは「ブルックリン・ボウル」にて特別収録

その後は、「ブルックリン・ボウル」にて収録したライブの模様を、特別にZoom上で上映。バティステは、ドラム、パーカッション、ベース、ギター、キーボードの5人編成のバンドとともに、『テル・ザ・トゥルース』『ワッチュトーキンバウト』『クライ』『フリーダム』『アイ・ニード・ユー』の全5曲を披露した。

その様子を見た長濱は「最高でした。自身から溢れ出す愛が音楽にも全て入っていて、カッコよかったですね」と語り、ハリーも「生きていることの奇跡、人間としての存在意義を感じる」とバティステの持つパワーに感銘を受けたようだ。

なお、4月3日(土)6:00〜8:00放送の『POP OF THE WORLD』では、ライブパートの音源を一部OA。ハリーと長濱がイベントの模様を振り返る。

【radikoで4月3日(土)6:00〜再生可能】https://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20210403060000

bar2103294.jpg

このイベントは、4月よりツインで『POP OF THE WORLD』(毎週土曜日6:00〜8:00)ナビゲーターを務めるハリー杉山、長濱ねるがMCを務めた。

■セットリスト
1:TELL THE TRUTH
2:WACHUTALKINBOUT
3:CRY
4:FREEDOM〜I NEED YOU

(取材・文=市來孝人)