夏のはじめのライブイベント「J-WAVE LIVE 2021」を、7月17日(土)と7月18日(日)、横浜アリーナで開催。音楽シーンのフロントラインで活躍する豪華アーティストたちを迎えた同イベントの最終日に出演した、RYUJI IMAICHI(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、秦 基博、 Vaundy 、緑黄色社会、レキシ、eill(オープニングアクト)の6組のレポートをお届けする。

【初日のライブレポートはコチラ】https://news.j-wave.co.jp/2021/07/post-8191.html

「J-WAVE LIVE 2021」は、オンラインで事後配信も決定。ライブ映像にインタビューも加えたスペシャルバージョンで、公演日ごとに7月31日(土)0:00〜8月8日(日)23:59まで配信。事後配信チケットの購入者は、出演アーティストのサインが入ったTシャツをプレゼントする企画も。各日5名様ずつ合計10名様。詳細は公式サイト(https://www.j-wave.co.jp/special/live2021/?jw_ref=jwl21_jnw)でチェック。

day22107184.jpg

eill

オープニングアクトはeill。ドラマに起用され注目を集める「hikari」からライブはスタートした。一音一音を丁寧に歌い、ホールに反響するロングトーンが印象的だ。サビの高音がクセになる「踊らせないで」など4曲で、横浜アリーナに集まった音楽ファンの“スイッチ”を入れる大役を果たした。

【その他のライブ写真はコチラ】https://news.j-wave.co.jp/2021/07/post-8185.html

day22107183.jpg

緑黄色社会

「J-WAVE LIVE」初登場となる緑黄色社会。ボーカル・長屋晴子の透き通るのびやかな歌声とフレッシュなバンドサウンドが会場をあたためる。「いい夏にしましょう! 一緒に音楽しましょう!」とメンバーが語りかけると、その声に応えるように場内から大きな拍手が沸き起こった。最後はヒットナンバー「Mela!」で盛り上げ、一番手として観客に存在感を刻みこむステージだった。

【その他のライブ写真はコチラ】https://news.j-wave.co.jp/2021/07/post-8186.html

day22107186.jpg

Vaundy

2組目のVaundyは、「東京フラッシュ」「不可幸力」といった彼の名を音楽シーンに広めた楽曲から、ポップな新曲「花占い」、バンドサウンド「怪獣の花唄」と、低音のラップから伸びやかなハイトーンまで、多彩な才能を味わえるステージとなった。会場の空気は曲ごとに変わり、普段からセルフプロデュースをする彼の色に横浜アリーナが染まっていく。ラストは歌唱の魅力が胸を打つ「しわあわせ」で締めくくった。

【その他のライブ写真はコチラ】https://news.j-wave.co.jp/2021/07/post-8187.html

day22107182.jpg

秦 基博

続いては、「J-WAVE LIVE」14年連続出演となる秦 基博が登場。この日は弾き語りだった。「ひまわりの約束」から始まったステージは、3曲目「Raspberry Lover」ではループマシンでリズムを刻み、ギター一本で演奏していることを忘れるほど、表情豊かな音色を奏でていく。終盤は「鱗(うろこ)」「泣き笑いのエピソード」と続き、秦の唯一無二の美声と、楽曲の持つストーリーに酔いしれるライブとなった。

【その他のライブ写真はコチラ】https://news.j-wave.co.jp/2021/07/post-8188.html

day22107181.jpg

レキシ

横浜アリーナにホラ貝が鳴り響くと、レキシが仕掛けるタイムトリップがスタート。「大奥」から始まるラビリンスは江戸時代〜平安時代〜縄文時代(狩り)から弥生時代(稲作)、そして息つく間もなく戦国時代へと突入。ラストは飛鳥時代を、今回はステージに登場したキュートなイルカと共に楽しんで現代へと帰還。あっという間の6曲ノンストップ展開だったが、黄金色に輝く稲穂は立派に実って、横浜アリーナを埋め尽くしていた。

【その他のライブ写真はコチラ】https://news.j-wave.co.jp/2021/07/post-8189.html

day22107185.jpg

RYUJI IMAICHI(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)

「J-WAVE LIVE 2021」ラストを飾るのはRYUJI IMAICHI(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)。80‘sサウンドを取り入れた新作ナンバーを中心に、6人のダンサーとともに踊りながらの歌唱で、会場の熱を高めていく。アンコールは、「J-WAVE LIVE」初登場時から磨き上げてきた「ALL LOVE」。進化を続けるRYUJI IMAICHIの“今”が感じられる、大トリにふさわしい極上のアクトだった。

【その他のライブ写真はコチラ】https://news.j-wave.co.jp/2021/07/post-8190.html

Photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)

【オンライン配信】
期間限定で当日のライブの模様を有料配信での視聴サービスを実施します。
早割料金:3,000円(税込/7月19日まで) *7月20日以降は、3,500円(税込)で視聴チケットを販売
配信期間:2021年7月31日(土)0:00 〜 2021年8月8日(日)23:59
配信プラットフォーム:Streaming+
詳細:https://www.j-wave.co.jp/special/live2021/?jw_ref=jwl21_jnw

【イベント概要】
「J-WAVE LIVE 2021」
日程: 2021年7月17日(土)、7月18日(日)
会場:横浜アリーナ

■出演(※五十音順)

・7月17日(土)
KREVA、JUJU、東京スカパラダイスオーケストラ、Nulbarich、マカロニえんぴつ
OPENING ACT: Doul

・7月18日(日)
RYUJI IMAICHI(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、秦 基博、Vaundy、緑黄色社会、レキシ
OPENING ACT: eill