J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』でNulbarichの『It’s All For Us』が1位を獲得した。

このチャートは、J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。番組では世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは1月16日(日)付のチャートを紹介!

10位:Aile The Shota『AURORA TOKIO』

1月頭、SKY-HIのマネジメントレーベルBMSGよりこの曲でデビューを果たしたAile The Shota。音楽以外にハマっていることを聞いてみたところ、ここ2年ぐらいサウナにハマりまくっており、この曲のレコーディング間際にもジャケット撮影の前にもしっかりサウナに行き体を整えたそう。1月26日(水)にリリースされるファーストEP『AINNOCENCE』には、サウナで整いながら聴きたい、そんな楽曲も収録されているのだとか。Aile The Shotaは1月23日(日)の『TOKIO HOT 100』にゲスト出演する。

9位:Ariana Grande & Kid Cudi『Just Look Up』

Ariana自身もポップスターのRiley Bina役で出演するNetflix映画『Don't Look Up』。この曲は同作品のサントラにも収録されている。テレビドラマ出身のArianaは演技の評判がよく、劇中にアドリブでセリフを入れる場面もあったのだとか。

8位:三浦大知『新呼吸』

この曲はNHKの『みんなのうた』で1月末まで放送される。作詞は三浦が手掛けており「心機一転、新しい呼吸をして、また新しい気持ちで時の流れを感じながら歩き出そう」というポジティブなメッセージが込められている。

7位:Vaundy『踊り子』

『踊り子』のライブ映像がVaundyのオフィシャルYouTubeチャンネルで公開された。1月16日にWOWOWで放送されたオリジナルライブ番組『Vaundy Museum Live』からのもので、岐阜県にある美術館「光ミュージアム」でライブを実施した際の映像となっている。

6位:Kim Petras『Coconuts』

『Coconuts』のオフィシャルダンスビデオがYouTubeで公開された。このビデオではTikTokでのバズりを狙っているのか、Kimと4人のダンサーがすぐに真似できそうな振り付けを披露している。

5位:Amber Mark『Foreign Things』

アメリカテネシー州出身、ジャマイカ人の父とドイツ人の母を持つAmber Mark。現在ニューヨークをベースに活動している28歳のR&Bシンガーだ。2016年から本格的に音楽活動を始め、これまでにミニアルバムとEPをリリースしている。そして1月28日(金)に初のフルアルバム『Three Dimensions Deep』をリリース予定で、『Foreign Things』はそこからの先行シングル。このアルバムのテーマは「人生の問いに対する答えを求めて宇宙に目を向けたときに自分自身にどんな質問を問いかけるのか? 私たちは世界を3次元でとらえているけれど『内なる宇宙』を探したら、そこに答えがあるかもしれない」というもの。

4位:milet, Aimer & 幾田りら『おもかげ(produced by Vaundy)』

先週の放送では、この曲に参加しているmiletが「ツアーに向けてモリモリ食べている」と紹介したが、milet本人に具体的になにを食べているのか? と訊いたところ「ツアー前なので体力をつけようと、タンパク質を中心に摂取していて、とり胸肉、ブロッコリー、ゆでたまごをたくさん食べています。なのに体重は減り続ける一方です。どうしたらいいでしょうか? バランスのよい食事のとり方を知りたいと思っています」とコメントを寄せた。クリスは脂質をとるために「豚骨ラーメン、いっちゃってください」とアドバイスした。

3位:The Weeknd『Sacrifice』

1月7日にリリースされた、2年ぶり通算5枚目となるニューアルバム『Dawn FM』からの1曲。アルバムのタイトルの通り、全体を通して一つのラジオ番組のような展開となっており、俳優のJim CarreyがDJを務め、Tyler, The Creator、Lil Wayne、Quincy Jonesといったアーティストが参加している。アルバムのジャケットには、年老いたThe Weekndの姿が。

2位:King Gnu『一途』

この曲にVOTEをした人たちからは「イントロからエンジン全開の曲で、最近の寒さが厳しい日でもこの曲を聴くと朝から自分のエンジンがかかります」「初めて聴いたときは、ハッとしました。King Gnuの音楽は本当にかっこよくて大好きです」「King Gnuを一途に愛してます」といったコメントが寄せられた。

1位:Nulbarich『It’s All For Us』

Nulbarichが『TOKIO HOT 100』でナンバーワンを獲得するのは、2020年11月8日の『ASH feat. Vaundy』以来、1年2か月ぶり通算6曲目。NulbarichのJQにこの曲の制作エピソードを訊いてみたところ「これだけライブというものに対して想いを馳せたのは音楽人生初かと思います。『音楽をやっていてよかった』と思わせてくれた、そんな1曲になりました。これでまた一つ強くなれた気になっています」という答えが返ってきた。

1位:Nulbarich『It’s All For Us』
2位:King Gnu『一途』
3位:The Weeknd『Sacrifice』
4位:milet, Aimer & 幾田りら『おもかげ(produced by Vaundy)』
5位:Amber Mark『Foreign Things』
6位:Kim Petras『Coconuts』
7位:Vaundy『踊り子』
8位:三浦大知『新呼吸』
9位:Ariana Grande & Kid Cudi『Just Look Up』
10位:Aile The Shota『AURORA TOKIO』


『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。