アマゾンジャパン(Amazon.co.jp)は、8日18時に開始される「サイバーマンデーセール」にあわせて、Amazonの商品、サービスを体験できる展示を渋谷モディ・マルイにオープンした。

 「サイバーマンデーセール」は、Amazon.co.jpの2000万点以上の登場するビッグセール。8日18時〜11日23時59分にかけて開催される。

 渋谷モディおよび渋谷マルイでは、サイバーマンデーセールの期間中、「Amazon Holiday 2017 ポップアップストア」がオープン。店内随所にイベントスペースがオープンし、Amazonのサイバーマンデーセールに登場する商品の一部や、PS VRやAmazonアプリストアの試遊体験、Amazon Echoのタッチ&トライなどを用意。Amazonの商品やサービスを、手に取って試してから購入することができる。

 このイベントでは商品が展示されるが、商品の販売は行われない。商品の近くにQRコードが設置されており、スマートフォンで読み取るとAmazon.co.jpの商品ページを開けるようになっている。

 モディ1階にはイベント期間中、「Prime Now」の体験コーナーを用意。注文から2時間以内に商品を配達するPrime Nowの配達先として、イベントスペースを指定できる。届けられた商品の受け渡しはイベントスタッフが対応する。受取の受付時間は8〜11日の各日20時まで。

 渋谷マルイ・モディを運営する丸井は百貨店、対するAmazon.co.jpはEコマースと、一見、競合関係にあるように思える。今回、マルイでAmazonを紹介するというイベントに至った背景には何があるのだろうか。

 「これからの店舗はモノを売るだけではやっていけない」と語るのは丸井 常務取締役 店舗事業本部長の青野真博氏。店舗で商品を試してから、インターネットショッピングで買うという動きが広がっており、商品を売るだけの店舗ではEコマースに対抗できない、と説明する。

 マルイは、自前のEコマースサイトを展開。2007年からはAmazon.co.jpのストアもオープンしたことで、Amazonは競合であると同時に、パートナーともなっている。マルイグループのエポスカードで合計利用額が最も多い加盟店もAmazon.co.jpになっているという。

 こうした現状を踏まえて、店舗網については、飲食やサービスなど、モノの販売以外の機能を強化してきたが、次なる戦略としてマルイが目指すのは「Eコマースと共存共栄する店舗作り」だという。

 ポップアップストアでは、Amazonの豊富な品揃え、さまざまなサービスを体験できる仕組みを用意。「実際に触れて、新しいサービスを知る楽しみを提供できるのが、店舗ならではの強み」(青野氏)とした。

 アマゾンジャパンでホリデーシーズンの責任者を務める渡辺朱美氏は、「今回のポップアップストアは、マルイの考える将来の店舗像と合致していることから、特別価格で会場を提供していただいた。マルイを通じて新たなお客様にAmazonを利用いただきたい」と紹介。これまでEコマースを利用したことがないユーザーの獲得を目指すと同時に、既存のAmazonユーザーにとってもこれまで知らなかったサービスの体験を促すという目的を紹介した。

 Amazonが積極的に拡充を進めている有料会員プログラム「Amazon プライム」には、サイバーマンデーセールにあわせて新サービス「Twitch Prime」が追加された。

 「Twitch Prime」は、Amazon傘下のゲーム動画配信サービス「Twitch」の有料会員サービス。広告なしの動画視聴やゲームとコラボレーションした限定コンテンツを用意する。Amazon.co.jpのプライム会員であれば、Twitchアカウントを連携すると追加料金なしで加入できる。□サイバーマンデーセールにはSIMフリースマホも多数登場

 Amazon.co.jpの「サイバーマンデーセール」では、モバイル関連製品も多数ラインナップされる。中でもSIMロックフリーのAndroidスマートフォンは多数用意され、MVNO SIMカード付きでセール販売される。

 渋谷モディの展示では、「HUAWEI P10 lite」とIIJmioのセット、「ZenFone AR」とUQモバイルのセット、「moto G5s Plus」とLINEモバイルのセット、「BlackBerry KEYone」とBIGLOBEモバイルのセットが紹介されていた。

 Amazon.co.jpのサーバーマンデーセールでは日替わりで在庫数に比較的余裕がある「特選タイムセール」と、一定時間ごとに売り出される「数量限定タイムセール」の2種類を開催。セール期間中はAmazon Prime VideoやKindle Unlimited、Prime Now、Amazon Freshといった関連サービスでもそれぞれ優待が用意される。