日立アプライアンスは、独自の圧力スチーム炊きでご飯をふっくら炊き上げるIHジャー炊飯器「ふっくら御膳 RZ-AW3000M」を、7月20日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は10万円前後(税抜)。

 5.5合炊きの高級IHジャー炊飯器。圧力をかけながらスチームで蒸らしてご飯を炊く独自の「圧力スチーム炊き」が特徴。米をしっかり吸水させる浸し工程の後、内釜内の圧力を1.2気圧まで引き上げ、沸点を105℃まで高めて加熱する。これにより、ふっくら甘く、艶やかなご飯に仕上がるという。

 新モデルでは内釜を改良し、高い伝熱性で炊きムラを抑える「高伝熱 打込鉄・釜」を新開発。アルミ合金製の内釜底面に、発熱性の高い鉄の粒子を超音速で打ち込む「超音速打込製法」を新たに採用した。

 同製法により、鉄を打ち込む厚みが変えられ、厚い層と薄い層を形成できるようになった。厚めに打ち込んだ「厚鉄層」が効率的に発熱し、「薄鉄層」と合わせて底面全体で1,330Wの大火力を引き出す。この熱をアルミ合金の高い伝熱性で内釜全体にすばやく伝え、内釜内の温度上昇のばらつきを低減して、ムラなく炊き上げるとしている。

 内釜の扱いやすさにも配慮。持ち運びやすいように、重さは約720gの軽量化を実現。洗米ができるカーボンフッ素加工を施している。水位線の合数文字は、2016年モデル(RZ-YW3000M)の約1.7倍にしており、見やすくしたという。

 このほか、0.5合〜2合の少量に合わせて加熱を制御し美味しく炊く「少量炊き」や、炊飯時に蒸気をほとんど排出しない「蒸気カット」、ごはんをしっとり保つ「スチーム40時間保温」などを引き続き採用。

 本体サイズは、268×352×237mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約6.6kg。炊飯時の消費電力は1,400W。本体カラーは、メタリックレッドとパールホワイトの2色。

 下位機種として、スチーム保温時間24時間の圧力IHスチームジャー2機種も同時に発売する。1升炊きの「RZ-AV180M」と、5.5合炊きの「RZ-AV100M」で、価格はオープンプライス。店頭予想価格は順に、63,000円前後、60,000円前後(税抜)。