里芋と鶏肉のレシピ2選!ご飯が進む、カレー煮込みと甘辛つくね

モチモチ、ほくほくの食感がおいしい里芋と鶏肉のレシピを、フードコーディネーターのぬまたあづみさんに紹介していただきます。洋風と和風の、ご飯がすすむおかずです。

<洋風>里芋とチキンのカレー煮込み

里芋とチキンを使ったスパイシーなカレー煮込み。ヨーグルトで酸味を加えているので暑い日にもぴったり!ご飯を添えれば、具だくさんなカレーとしても楽しめます。

材料(作りやすい分量:3、4人分)

里芋:4〜5個(約300g)

タマネギ:1/2個(約100g)

いんげん:8本(約30g)

鶏もも肉:1枚(約300g)

<A>

プレーンヨーグルト:100g

おろしニンニク:小さじ1/2

おろしショウガ:小さじ1/2

カレー粉(揉みこむ用):小さじ1

塩(揉みこむ用):小さじ1/2

バター:10g

カレー粉(炒める用):小さじ2

顆粒コンソメ:小さじ2

トマトケチャップ:大さじ2

塩(仕上げ用):適量

こしょう:少々

水:200ml

作り方

鶏もも肉は余分な皮と脂肪を取り除いてひと口大に切り、Aを揉みこんで30分ほど置く。

里芋は皮をむいてひと口大に切る。タマネギはみじん切りに、いんげんは5〜6cm長さに切る。
里芋の皮むきやかゆみを抑えるコツはコチラ

鍋にバターを溶かしてタマネギを中火で炒め、しんなりしたらカレー粉を加える。弱火で焦がさないように炒める。

カレー粉がなじんだら1を漬け汁ごと加え、中火にして炒める。鶏肉の表面の色が変わったら里芋といんげん、水、顆粒コンソメを加える。

煮立ったらあくをとって火を弱め、15分煮込む。

トマトケチャップを加えて塩、こしょうで味を調える。

里芋とチキンのカレー煮込みのレシピ

memo

・煮崩れるくらい柔らかい里芋がお好み場合は、煮込む前にレンジ加熱しておくと◎。切った里芋を耐熱皿に並べてふんわりとラップをかけ、500Wで2〜3分加熱します。
・鶏肉の漬け込み時間を短縮したい場合は、包丁の先やフォークで皮目に穴を開けておけば15分ほどの漬け込みでOKです。

<和風>里芋ごろごろ鶏つくね

角切りにした里芋がモチモチ食感のつくね。甘辛い醤油たれがよく合います。ごはんのおかずはもちろん、おつまみやお弁当にもぴったりです。

材料(2人分)

里芋:小2個(約120g)

タマネギ:1/3個(約70g)

鶏ひき肉:120g

<A>

卵:1/2個

おろしショウガ:小さじ1/2

塩:ふたつまみ

こしょう:少々

サラダ油:小さじ2

<B>

醤油:大さじ1

みりん:大さじ3

しそ(大葉)・卵黄・からし・七味唐辛子:各適量(お好みで)

作り方

里芋は皮をむいて1cm角に切り、耐熱皿に並べてラップをかけ、レンジ加熱する(500Wで約2分)。タマネギはみじん切りにする。
里芋の皮のむき方は<洋風>の工程2を参照

ボウルに鶏ひき肉とA、タマネギを入れてよく混ぜ、粗熱をとった里芋を加えてさっくりと混ぜ合わせる。

おいしく作るコツ

レンジ加熱した里芋はしっかり粗熱をとってから、タネに加えましょう。温かいまま加えると、タネがゆるんでまとまりにくくなります。

2を4等分にして形を整え、串に刺す(形は下の写真を参照)。

フライパンにサラダ油を熱し、3を並べ入れる。焼き色が付いたら裏返して火を弱め、ふたをして3〜4分蒸し焼きにし、取り出す。

あいたフライパンにBを入れ、とろみがつくまで煮詰める。3のつくねを戻し入れて煮からめる。

器に盛り、千切りにしたしそと卵黄、からし、七味唐辛子などをお好みで添える。

里芋ごろごろ鶏つくねのレシピ

memo

・タマネギのかわりに長ネギでもOK。
・鶏ひき肉はモモでもムネでもおいしくできます。お好みのものを選んでください。

最後に

スパイシーなカレー味と甘辛の醤油味の、里芋と鶏肉のおかずをぜひ作ってみてください。

ぬまたあづみ

ぬまたあづみ/Azumi Numata

株式会社こさえる代表/フードコーディネーター

大学卒業後、栗原はるみ「ゆとりの空間」入社。その後、フードコーディネータースクール、料理研究家のアシスタントなどを経て2007年に独立。
現在は料理雑誌・書籍・web・テレビ等でレシピ提案をするほか、広告のフードコーディネート・スタイリング、映画やドラマの監修・撮影、飲食店のフードコンサルティングなどを行う。身近な材料と普段使いの調味料にプラスするアイデアで、簡単かつおいしい料理を作ることがモットー。素材の持ち味を最大限に活かす料理を日々研究中。
ホームページ

[里芋]皮むきや下ごしらえのコツ

[里芋]皮むきや下ごしらえのコツ

秋の風物詩「いも煮会」や「いも名月」など、古くから祭りや神事には欠かせない、日本人とは長いつきあいの食材。水分を除くほとんどがでんぷん質で、加熱により消化吸収しやすくなります。食べるとかすかなえぐみを感じますが、これはシュウ酸を含むため。このシュウ酸は皮をむくときのかゆみの原因にもなっています。

最終更新:2020.09.02

文・写真:ぬまたあづみ
監修:ぬまたあづみ、カゴメ