[冷やしおでんレシピ3選]夏野菜をひんやりお出汁やジュレで!

おでんと言えば冬の鍋料理の定番ですが、夏野菜を使った「冷やしおでん」もおいしいものです。夏に作りたい「冷やしおでん」のレシピを紹介します。

冷やしおでんのレシピ

さっと作れる手軽なものから、時間をかけて作る本格的なものまで、3つの冷やしおでんレシピを紹介します。

●夏の冷やしおでん

いりこだしが効いた一品。

夏の冷やしおでんのレシピ

材料(4人分)

トマト(中玉):4個

枝豆:12粒

しそ(大葉)、またはバジル:4枚

水:400ml

いりこ:10尾

塩:小さじ1/3

薄口醤油:小さじ1

作り方

トマトは皮に十字の切り込みを入れてから熱湯に浸け、冷水に取り出して湯むきする。
湯むきのコツはコチラ

いりこは腹ワタを取り、電子レンジにかけてカリカリにしてから鍋に入れた水に浸ける。

2を弱火で煮出し、薄口醤油と塩で調味してから、1と枝豆を入れて弱火で5分煮る。

3を冷まし、粗熱が取れたら、冷蔵庫に入れて冷やす。

4を器に盛り付け、しそまたはバジルを飾る。いりこもいっしょにいただく。

●冷やし夏野菜おでん

梅干しのうまみが効いた爽やかなおでん。

冷やし夏野菜おでんのレシピ

材料(2人分)

<おでんの具材>

しめじ:1株

トマト(中玉):2個

オクラ:2本

パプリカ:1/2個

みょうが:1個

なす:1個

ズッキーニ:5cm

ちくわ:2本

豆腐:100g

昆布茶:少々

砂糖:少々

鶏手羽中:8本

<おでんつゆ>

水:500ml

おでん昆布(※1):4個

ニンニク:2片

ショウガ:少々

梅干し:6個

酒:大さじ2

砂糖:大さじ1と1/2

オイスターソース:大さじ1

粉ゼラチン:10g

1 結んである、おでん用の昆布のこと。

作り方

   <野菜を冷凍しておく>

しめじは石づきを取り、2〜3本ずつにほぐす。トマトはヘタと芯をくり抜き、皮に十文字の浅い切り込みを入れる。オクラは塩(分量外・あれば粗塩)でこすり洗いし、ヘタの先端を切り、ガクの周囲を薄く削り取る。パプリカは縦4つに切る。
オクラの下ごしらえの仕方はコチラ

1を野菜ごとにラップで包み、1日以上冷凍しておく。

memo

・好きな野菜を使ってOK。
・野菜を冷凍しておくことで、つゆに入れたときに味がしみ込みやすくなります。
・冷凍せず、おでんつゆといっしょに煮てもかまいません。<野菜とその他の具材を準備する>

みょうがは半分に切る。

なす(※2)はヘタを取って、空気が入らないようにラップで包み電子レンジで約2分加熱したら、すぐにラップごと冷水にとる。中の熱い水分を押し出し、水を換えながら完全に冷ます。これを縦半分に切り、昆布茶と砂糖を同量ずつ混ぜたもの少々を果肉にふり、なじませる。

ズッキーニ(※2)は縦6等分に切り、ラップで包んでレンジで1分加熱する。ちくわは斜め半分に切り、豆腐は食べやすい大きさに切り分ける。

2 つゆがよくなじむように、なすとズッキーニは下処理して11、12の工程で入れます。


<おでんのつゆを作る>

鍋に水を入れ、おでん昆布を浸けておく。

鶏手羽中は塩(分量外)でこすり、洗って水気をふく。

ニンニクは薄皮をむき、ショウガは薄切りにする。

6に8と梅干し、酒、砂糖、オイスターソースを入れ、沸騰させる。中火にして7 を加え、再沸騰したら弱火にしてあくを取り、ふたをして弱火で約20分煮る。

<つゆにゼラチンを加える>

 9のふたを取り、再び強火にして沸騰直前まで温度を上げる。火からおろし、つゆの温度が80℃以上ある状態で、粉ゼラチンを振り入れ、よく混ぜて溶かす(煮立たせると固まらなくなるため注意)。

<野菜を加えて冷やす>

 10にしめじを加えて具材を鍋の片側に寄せ、空いたスペースにトマトを加え、皮がむけてきたら取り除く。オクラとパプリカ、さらにみょうがを加え、全体をやさしく混ぜてからズッキーニも加える。冷蔵庫に入れ、煮汁が固まるまで冷やす。

<盛り付ける>

 11を冷蔵庫から出し、なす、ちくわ、豆腐とともに器に盛り付けて完成。

●無水鍋で作る冷やしおでん

お酒のおつまみにもなる、ひんやりおでん。

無水鍋で作る冷やしおでんのレシピ

材料(4人分)

なす:2本

大根:12cm

ズッキーニ:1本

トマト:2個

水菜:30g

みょうが:1個

ごぼう天(※3):4本

[A ジュレ用]

ショウガの野菜出汁(※4):400ml(スープのみ)

みりん:大さじ1

砂糖:大さじ3と1/2

薄口醤油:大さじ1と1/2

塩:小さじ1

粉ゼラチン:7g

冷水:大さじ1

[B 煮込む用]

ショウガの野菜出汁(※4):400ml(スープのみ)

酒:小さじ4

みりん:小さじ4

薄口醤油:小さじ2

塩:小さじ1/2

3 おでん用の練り物。

4 ショウガの野菜出汁の作り方は下の囲みをご参照ください。

作り方

なすはヘタを切り落とし、ピーラーで間隔をあけて皮をむき、隠し包丁(※5)を入れて縦半分に切り、塩水(分量外)に浸けておく。大根は厚さ3cmの輪切りにし、米のとぎ汁(分量外、少量の生米でも可)でやわらかくなるまで煮ておく。ズッキーニはヘタを切り落とし、ピーラーで間隔をあけて皮をむき、厚さ1cmの斜め切りにする。ごぼう天は湯通しして斜め半分に切る。

トマトはヘタを取って湯むきする。水菜は長さ3cmに切り、みょうがは千切りにして水にさらす。

粉ゼラチンは冷水に入れ、ふやかしておく。

無水鍋にAを入れて中火にかけ、沸騰したら火を止める。3を加えて混ぜ合わせ、バットに移し、底に冷水(分量外)をあてる。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やして固め、ジュレを作る。

耐熱皿になすを並べ、ラップをかけて電子レンジ600Wで6分30秒ほど加熱する。

無水鍋に5、大根、ズッキーニ、ごぼう天、Bを入れ、ふたをして中火にかける。沸騰したら弱火にして10分ほど煮込み、バットなどに取り出して、ラップをかけて冷ます。

6と2を器に盛り付け、4をフォークなどで崩しながら回しかけて完成。

5 味をしみ込みやすくするため、包丁でうすく切れ込みを入れること。

隠し包丁の入れ方はコチラ

ショウガの野菜出汁の作り方(すべて分量外)

●材料(6人分)
・タマネギ(中):1個(200g)
・にんじん(中):1/2本(50g)
・椎茸(中):3〜4枚(40g)
・ショウガ:2片
・昆布:適量
・水:1600ml
・塩:小さじ1/2

[C]
・タマネギの皮(内側):2〜3枚
・にんじんの皮:適宜
・椎茸の軸:適宜
・ショウガの皮:適宜

●作り方
1. タマネギ、にんじんは皮をむき、薄切りにする。椎茸は軸を取り、薄切りにする。ショウガは皮をむいて細切りにする。皮や軸も使うので取っておく。
2. Cをザルに入れ、10分ほど水にさらす。
3. 無水鍋に昆布と水を入れて中火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出す。
4. 3に1と塩を入れ、2を、水を切って加え、ふたをして中火にかける。沸騰したら弱火にして20分ほど煮て完成。

最後に

野菜を具材に使ったヒンヤリ冷たいおでんを、ぜひ楽しんでください。

[トマト]おいしいトマトの見分け方と、保存のコツ

[トマト]おいしいトマトの見分け方と、保存のコツ

トマトには大きく分けて2種類あり、果皮が赤い品種の「赤系」、果皮が透明な品種の「ピンク系」に区別されます。現在は品種改良が進み、あまり区別はなくなっています。鮮やかな赤い色の正体は「リコピン」。抗酸化作用があることから、注目が高まっています。

最終更新:2020.09.09

文:アーク・コミュニケーションズ
イラスト:林タロウ
監修:カゴメ

出典:
ひろしま県民だより(夏の冷やしおでん)


JAしみず(冷やし夏野菜おでん)


ル・クルーゼ「レシピ集」

冷やしおでん


しょうがの野菜だし