[ごぼうの唐揚げレシピ]カリッと揚げるコツと簡単タレのレシピ

秋から春にかけておいしいごぼう。サクサク、カリカリの食感が楽しめるごぼうの唐揚げのレシピを、料理教室の主宰や料理本の執筆を手掛けるなど、幅広く活躍する冷水希三子さんに教えていただきました。

ごぼうの唐揚げ

ごぼうに下味を付けてカリッと揚げました。ごぼうがもつ独特の風味と、醤油やショウガの風味が混ざり合い、箸が進むおいしさです。

材料(2人分)

ごぼう:1本(約120g)

片栗粉:大さじ2

揚げ油:適量

<漬けダレ>

醤油:大さじ2

酒:大さじ1/2

みりん:大さじ1/2

すりおろしショウガ:小さじ1

作り方

ごぼうは洗って皮を包丁の背などでこすりむき、下の写真のように3〜5cm長さのぶつ切りにして縦半分に切る。


おいしく作るコツ

ピーラーなどで皮をむくよりも包丁の背でこすりむくくらいが、香りが残ります。   ごぼうは3〜5cm長さに切って縦半分にする

1を20分ほど水にさらしてあくを抜く。

漬けダレの材料を混ぜ合わせ、ごぼうの水気をよく拭いて入れ、10分ほど漬け込む。


おいしく作るコツ

水っぽくならないよう、漬け込む前にごぼうの水気をよく拭きましょう。   ごぼうを漬けダレに漬け込む

3を、漬けダレを軽く切りながら別のボウルに入れ、片栗粉を加えて混ぜる。片栗粉がはがれないよう、下の写真のように手でギュッと握る。
ごぼうに片栗粉を付けるときは手でギュッと握るのがポイント

揚げ油を熱し、160℃くらいになったら4を入れて揚げる。


衣がついたごぼうを約160℃の油で揚げる

おいしく作るコツ

・水で濡らして拭いた菜箸を油に入れ、先端から泡が出てきたら160〜170℃になった目安です(箸に水分が残っていると油がハネて危険なため、しっかりと拭きましょう)。
・ごぼうを入れたら、最初は衣がはがれやすいので触らないようにします。途中からひっくり返しながら、色よく揚げます。   

下の写真のように色よく揚がったら取り出す。網を乗せたバットに取り出すと油が切れてカリッとなる。


ごぼうが色よく揚がったら取り出す

タレのアレンジ

タレの材料に豆板醤小さじ1/2を加えると、ピリッと辛い中華風の味が楽しめます。   

最後に

カリッと揚がったごぼうの唐揚げを作ってみてください。

冷水希三子

冷水希三子/Kimiko Hiyamizu

料理家/フードコーディネーター/料理教室主宰

レストラン、カフェでの勤務を経て、フードコーディネーターとして独立。季節の味や素材を大切にしながら、雑誌や広告などを中心に活躍。著書に『さっと煮サラダ』、『スープとパン』(いずれもグラフィック社)、『ハーブのサラダ』(アノニマ・スタジオ)など。
ホームページ

Instagram

Twitter

[ごぼう]覚えておきたい、あく抜きや切り方など調理のコツ

[ごぼう]覚えておきたい、あく抜きや切り方など調理のコツ

独特の風味と歯ごたえが特徴のごぼう。食物繊維が豊富で、かたいので、しっかり噛んで食べる必要がありますが、よく噛むことは食べ過ぎを防ぎ、肥満防止やダイエットにもつながるといえます。

最終更新:2022.06.28

文・写真:冷水希三子
監修:冷水希三子、カゴメ