トマト保存&長持ちさせるコツ!野菜室にそのままはNG!?

夏野菜のトマトは、高い気温で栽培されるため寒さに強くありません。とはいえ、すぐに使い切れないときは、冷蔵庫などで保存することになります。そこで今回は、できるだけおいしさを長持ちさせるトマトの保存法を紹介します。

保存は野菜室?チルド室?

生のトマトをおいしく食べたいときは、冷蔵庫での保存がおすすめです。トマトに適した保存温度は、10℃前後といわれています。チルド室(設定温度0〜1℃)で保存すると温度が低過ぎて傷んでしまうことがあるので、野菜室(設定温度7〜10℃)に入れましょう。

冷蔵保存方法のコツは?

トマトを冷蔵保存するときは1個ずつキッチンペーパーで包む

トマトは、寒さと外部からの衝撃に弱いため、鮮度を長持ちさせるには次のような保存方法がよいでしょう。

1個ずつキッチンペーパーで包む

包んだトマトを、肉厚で傷みにくいヘタ側を下にして保存用ポリ袋に入れる

冷蔵庫の野菜室に入れる

【保存の目安】
7〜10日ほど
すぐに食べきる場合の保存方法はコチラ

memo

・冷やし過ぎると甘みが弱くなるため、常温保存も可能です。ただし、気温が高くなる5〜9月にかけては冷蔵庫の野菜室で保存してください。
・適切な温度、湿度で保存しないと、ヘタの部分にカビが生えやすいので注意してください。
その他の野菜の最適貯蔵温度はコチラ

トマトが完熟していない場合の保存法

トマトがまだ青いときは、常温保存で追熟させる方法があります。

トマトを1個ずつキッチンペーパーで包む

1日の気温差があまりない冷暗所で、ヘタ側を下にして保存。適温は15〜25℃で、保存期間の目安は2〜3日

完熟したら、保存用ビニール袋にキッチンペーパーごと入れて口を止め、冷蔵庫の野菜室で保存

その他の、未熟なトマトを追熟させる方法はコチラ

最後に

生のトマトを上手に保存し、おいしく味わってください。

トマトを冷凍でさらに長期保存する場合の方法はコチラ

[トマト]おいしいトマトの見分け方と、保存のコツ

[トマト]おいしいトマトの見分け方と、保存のコツ

トマトには大きく分けて2種類あり、果皮が赤い品種の「赤系」、果皮が透明な品種の「ピンク系」に区別されます。現在は品種改良が進み、あまり区別はなくなっています。鮮やかな赤い色の正体は「リコピン」。抗酸化作用があることから、注目が高まっています。

最終更新:2022.07.08

文:アーク・コミュニケーションズ
イラスト:林タロウ
監修:カゴメ
出典:
農林水産省 aff(あふ)2020年7月号 「夏野菜&果物の保存術」


紀ノ川農業協同組合 おすすめレシピ集 「トマトのレシピ」トマトの保存方法