じゃがいも×ベーコンの定番レシピ!おつまみジャーマンポテト

メニュー開発やイベントプロデュースなど幅広く活躍する料理家の山田英季さんに、おつまみに合うジャーマンポテトレシピを教えていただきました。ビールがすすむおいしさです!

ビールに合うジャーマンポテト

クミンシードを加えてアジア風ジャーマンポテトに仕上げました。おつまみにぴったりです。

材料(2人分)

じゃがいも:3個

タマネギ:1/4個

ベーコン:60g

オリーブオイル:大さじ1と1/2

塩:小さじ1/4

クミンシード:小さじ1/2

黒こしょう:少々

パセリ(みじん切り):1枝分

レモン:1/4個

作り方

じゃがいもの芽をとって皮をむき、ひとくち大に切る。水大さじ2(分量外)と一緒に耐熱ボウルに入れ、ラップをかけて600Wの電子レンジで8分加熱する。
じゃがいもの芽のとり方はコチラ

タマネギは薄切りにする。ベーコンは1cm幅に切る。

フライパンにオリーブオイルを入れて温め、2を入れてタマネギがしんなりするまで炒める。

3に水気をきったじゃがいもを加えて、じゃがいもを転がしながら表面に焼き色を付けるように炒める。

塩、クミンシード、黒こしょうで味をつけて器に盛り付けたら、パセリのみじん切りとレモンを添える。

ビールに合うジャーマンポテトのレシピ

最後に

ビールのおつまみにぴったりなアジア風ジャーマンポテトを作ってみてください。

山田英季

山田英季/Hidesue Yamada

料理家

1982年生まれ。フレンチ、イタリアンレストランでのシェフを経て、人気のもつ焼き屋「でん」をオープン。2015年に(株)and recipeを立ち上げ、「ごはんと旅は人をつなぐ。」をテーマにしたサイトの運営をおこなう。料理家としては、韓国、台湾、ロンドン、パリなど世界中に活躍の場を広げている。著書に『かけ焼きおかず かけて焼くだけ!至極カンタン!アツアツ「オーブン旨レシピ」』(グラフィック社)、『常備菜、お手軽おかずをのせるだけ!簡単!3色べんとう』(エイ出版社)など多数。
ホームページ

Instagram

[じゃがいも]茹で方や保存法、品種別レシピの紹介

[じゃがいも]茹で方や保存法、品種別レシピの紹介

じゃがいもはビタミンCが豊富。炭水化物を多く含みますが、米やパンにくらべて低カロリーで、ゆっくり消化されるのでダイエットにも良いといわれています。緑色になった皮や発芽部分には有害なソラニン という物質が含まれるので、その部分は厚めに皮をむき、完全に取り除いてから使いましょう。

最終更新:2021.06.23

文・写真:山田英季
監修:山田英季、カゴメ