[野菜×ホットプレートレシピ]野菜たっぷりお好み焼き&ピザ!

1日に必要な野菜摂取量350 g(厚生労働省推奨)の1/3が摂れる、野菜たっぷりのホットプレートレシピを紹介します。

子どもも喜ぶ!ホットプレートでお好み焼き&ピザ

家族みんなで楽しめて、野菜不足解消にもつながる、一石二鳥のレシピです。

●小松菜のお好み焼き

小松菜がたっぷり入ったお好み焼き

小松菜のお好み焼きのレシピ

材料(1枚分)

小松菜:200g(約1束)

お好み焼き粉:100g

卵:1個

水:120ml

天かす:少々

豚バラ肉:1〜2枚

お好み焼きソース:適量

マヨネーズ:適量

かつお節:適量

青のり:適量

作り方

小松菜は食べやすい大きさに切る。

お好み焼き粉、水、卵をダマがなくなるまでよくかき混ぜる。

2に1と天かすを加え、下から空気を入れるようにさっくりとかき混ぜる。

200℃に熱したホットプレート(またはフライパン)に豚肉を敷き、3を丸くのせて焼く。

焼き面がきつね色になったらひっくり返す。ひっくり返した面もきつね色になるまで焼く。

焼きあがった5を皿にのせ、お好み焼きソース、マヨネーズ、かつお節、青のりをかけたらできあがり。

memo

・ふたをして焼くと、さらにふんわりと焼きあがります。

●野菜たっぷりお好み焼き

キャベツが主役のお好み焼き

野菜たっぷりお好み焼きのレシピ

材料(3、4人分)

キャベツ:中玉1/2個(約600g)

じゃがいも:中1個(約110g)

だし(濃いめ):130ml

小麦粉:100g

塩:小さじ1/2

卵:3個

天かす:適量

豚肉:適量

ソース:お好みで

マヨネーズ:お好みで

青のり:お好みで

かつお節:お好みで

作り方

キャベツを幅5cm程度の千切りにし、じゃがいもをすりおろす。

だしをボウルに入れ、小麦粉、塩、卵、1を加えて混ぜ合わせる。

熱したホットプレートに2を流し入れたら(※)、天かすを散らし、豚肉を乗せ、焼き色がついたらひっくり返す。

ふたをして、きつね色になるまで焼いたら完成。お好みでソースやマヨネーズ、青のり、かつお節をかける。

ホットプレートの機種に応じて適温に調節してください。

●じゃがいものピザ

野菜をそのまま味わえる!

じゃがいものピザのレシピ

材料(3、4人分)

じゃがいも:中4個(約440g)

タマネギ:2個(約400g)

ベーコン:100g

オリーブオイル:大さじ2

お湯:大さじ2

塩:少々

こしょう:少々

[A]

トマト(輪切り):1個(約150g)

ピーマン(輪切り):1個(約30g)

赤パプリカ(輪切り):1個(約150g)

サラミソーセージ(輪切り):1本

ウィンナーソーセージ(たこ足):3本

ピザ用チーズ:100g

作り方

じゃがいもは縦2〜3等分し、1〜2mmの短冊切り、タマネギ、ベーコンは薄切りにする。

フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、タマネギ、ベーコンをしっかり炒める。

じゃがいもを2に入れて少し炒めたら、お湯を加えさらに炒め、塩、こしょうで味付けし火を止める。

ふたをして1〜2分おく。

ホットプレートにオリーブオイル大さじ1をひき、4を広げる。

Aの材料をお好みでトッピングして低温(140℃)で5分ほど焼いたら完成。

memo

・新じゃがいもの場合は皮付きのまま使いましょう。
・じゃがいものデンプンを利用するため、水にはさらさないでください。

最後に

ホットプレートを囲みながら、野菜をたっぷり食べましょう。

ホットプレートで作る野菜入りおやつレシピはコチラ


ホットプレートで作る野菜入りおつまみレシピはコチラ

[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法

[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法

ビタミンCやビタミンK、葉酸などを多く含む、アブラナ科の野菜。原産はヨーロッパで、日本で広く食べられるようになったのは明治時代からです。

最終更新:2021.07.14

文:アーク・コミュニケーションズ
イラスト:林タロウ
監修:カゴメ
出典:
JA京都やましろ(小松菜のお好み焼き)


JAたじま(ヘルシーお好み焼き)


松本ハイランド農業協同組合(じゃがいものピザ)