餃子レシピ!キャベツ派or白菜派?ニンニクなしの食べ比べ2選

餃子の具材で主役になる野菜といえば、キャベツと白菜が二大定番。今回は、キャベツを入れる餃子と白菜を入れる餃子の2つのレシピを紹介します。

白菜やキャベツを楽しむ餃子のレシピ

キャベツや白菜のおいしさを堪能できます。

●キャベツの焼き餃子

おかずにもつまみにもなる!

キャベツの焼き餃子のレシピ

材料(4人分)

キャベツ:1/4個(300g)

ネギ:1/2本(70g)

ショウガ:1片

ごま油:大さじ1

[A]

豚ひき肉:200g

塩:小さじ1/2

醤油:大さじ1

酒:大さじ1

こしょう:少々

餃子の皮:20枚

サラダ油:大さじ1

水:130ml

作り方

キャベツをみじん切りにし、塩をふってしばらく置いて水を絞る。ネギもみじん切りにして、ショウガはすりおろしておく。

ボウルにAを入れ、粘り気が出るまで混ぜ合わせた後、1とごま油を加えさらに混ぜ合わせる。

餃子の皮の中央に2をのせる。皮の周辺の半分に水をつけて、しっかりと包む。

フライパンにサラダ油を入れ、餃子を並べる。水をまわし入れ、ふたをして弱めの中火で4〜5分蒸し焼きにする。

ふたを外して、強火で水気を飛ばしたらでき上がり。

memo

ポン酢やラー油(ともに分量外)などをつけて、食べてください。

●白菜のシャキシャキ餃子

食感も楽しめる!

白菜のシャキシャキ餃子のレシピ

材料(3人分)

白菜:2〜3枚※(250g)

豚ひき肉:50g

ニラ:3本(30g)

醤油:小さじ2

ごま油:小さじ2

塩:適量

こしょう:適量

サツマイモでんぷん(片栗粉でも代用可):大さじ1

餃子の皮:25枚

サラダ油:小さじ2

分量は目安です。白菜の大きさにより調整してください。

作り方

白菜をみじん切りにする。芯の部分は粗いみじん切りにして、食感を残す。

1と豚ひき肉、1cm幅に切ったニラ、醤油、ごま油、塩、こしょうをボウルに入れ混ぜ合わせる。

水分が出てくるので、サツマイモでんぷんを加えて粘りが出るまで混ぜる。

3を餃子の皮で包み、サラダ油をひいたフライパンで焼く。

表面にこんがり焼き色がついたら水100ml(分量外)を加え、ふたをして、水がなくなるまで蒸し焼きにしたら完成。

最後に

キャベツ餃子と白菜餃子を作って、食べ比べてみてください。

[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法

[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法

ビタミンCやビタミンK、葉酸などを多く含む、アブラナ科の野菜。原産はヨーロッパで、日本で広く食べられるようになったのは明治時代からです。

最終更新:2022.03.23

文:アーク・コミュニケーションズ
イラスト:林タロウ
監修:カゴメ
出典:
JA山武郡市 おすすめレシピ(キャベツたっぷり!焼きギョウザ)


JA鹿児島県経済連(白菜のシャキシャキ餃子)