[オートミール粥レシピ]クルミの風味と中華風の味で食べやすい

野菜を加えたオートミールのお粥。料理教室の主宰や料理本の執筆などで活躍する庄司いずみさんに、香ばしく食べやすい味わいのレシピ教えていただきました。

オートミールとほうれん草&くるみの中華粥

お米のかわりにオートミールを使い、野菜も摂れるお手軽なお粥レシピ。味付け兼だし素材として塩昆布を使う、時短レシピです。

オートミールとほうれん草&くるみの中華粥のレシピ

材料(2人分)

ほうれん草:100g

ネギ(小口切り):10cm分

ごま油:適量

オートミール:60g

塩昆布(みじん切り):5g

くるみ※(粗く刻む):6粒

水:300ml

無調整豆乳:100ml

醤油:お好みで

ない場合は、カシューナッツや松の実、アーモンド、ピーナッツなど、お好みのナッツでもOK。

作り方

ほうれん草は茹でて水に取り、しっかり絞ってみじん切りにする。

ほうれん草の茹で方はコチラ

鍋にごま油を熱して1とネギを、中火で炒める。

2にオートミール、塩昆布、くるみ、水を入れて1分ほど煮て、オートミールがやわらかくなったら豆乳を加え、軽く温め火を止める。
オートミール、塩昆布、くるみを入れて煮る

器に盛り、くるみ少々(分量外)をトッピングし、少し醤油を垂らす。

おいしく作るコツ

ごく短時間で火が通ります。煮すぎるとオートミールが煮崩れるので注意しましょう。   

最後に

あっさりしていますが食べ応えもあるので、朝ご飯にもおすすめです。ほうれん草とオートミールのお粥、ぜひ作ってみてください。

庄司いずみ

庄司いずみ/Izumi Shoji

野菜料理家/日本ベジタリアン学会会員/庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ主宰

ヴィーガン料理を紹介する著書は70冊以上。日本のヴィーガンブームを牽引してきた人気料理家。 2015年には日本初のヴィーガン料理専門スタジオ『庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ』をオープン。国内外のトップシェフらとのコラボレッスン、定額制オンラインヴィーガンレッスンなどでヴィーガン料理を広く伝えている。 ヴィーガン料理の浸透を願い、商品開発やレシピ監修にも力を注ぐ。近著「初心者からプロまで使える Vegan Recipe Book」、「ヴィーガン和食」など。
ホームページ

Instagram

Twitter

[ほうれん草]上手な茹で方と、日持ちさせる保存方法

[ほうれん草]上手な茹で方と、日持ちさせる保存方法

青菜の王様といわれる、ビタミンと鉄を含む緑黄色野菜の代表格。店頭には一年中並んでいますが、旬は冬。甘みも増して、ビタミンCの含有量 も多くなります。原産地は西アジアで、今では世界中で栽培されています。生食用(サラダ用)のほうれん草はアクが少なく、茹でずに食べられます。

最終更新:2022.06.22

文・写真:庄司いずみ
監修:庄司いずみ、カゴメ