[サラダレシピ]さっぱりおいしい!野菜を使ったパフェの作り方

豆やグリンピース、アスパラガスなどを使った野菜のサラダパフェ。料理教室の主宰や料理本の執筆などで活躍する庄司いずみさんに、簡単でおいしく、野菜だけでも満足できるレシピを教えていただきました。

水煮大豆のフムスとグリンピースディップのサラダパフェ

色とりどりの野菜に、大豆を使ったフムス(※1)とグリンピースのディップを合わせた、おもてなしにもぴったりなサラダパフェ。フムスやディップはポリ袋で簡単に作ることができます。

1 フムスは、中東から北アフリカ地域の料理。茹でてペースト状にしたひよこ豆などを練りごまやレモン果汁、ニンニクなどで調味したもの。ピタパンなどに付けて食べる。

材料(グラス約6個分)

<水煮大豆のフムス>

大豆水煮缶:200g

おろしニンニク:小さじ1/4

白ごまペースト:大さじ2

レモン果汁:大さじ2

オリーブオイル:大さじ2

塩:小さじ1/2

<グリンピースディップ>

グリンピース(冷凍でも可):200g

豆乳ヨーグルト(ヨーグルトでも代用可):大さじ2

おろしニンニク:小さじ1/4

レモン果汁:大さじ2

オリーブオイル:大さじ2

塩:小さじ1/2

<サラダ>

タマネギ:60g

にんじん:60g

いんげん:60g

ミックスビーンズ:60g

オリーブオイル:小さじ2

塩:小さじ1/2

レモン果汁:小さじ2

粗挽き黒こしょう:小さじ1/2

<トッピング>

アスパラガス:6本

ベビーリーフ:適量

トマト:適量

パン(※2):適量

2 パンはお好みのものでOK。おすすめはバゲットです。

作り方

水煮大豆のフムスの材料をポリ袋に入れ、上から手で潰しながら揉み込み、なめらかにする(潰れにくい場合は、すりこぎや瓶などを使ってもOK)。

グリンピースをやわらかく茹で、ディップの材料をポリ袋に入れて1と同様の方法でなめらかにする。

memo

フムスやグリンピースディップを作る際に、すり鉢ですると、よりなめらかに仕上がります。

サラダを作る。タマネギ、にんじん、いんげんは1cm角に切ってお好みのかたさに茹でる。サラダ用の材料をすべてボウルに入れてあえる。

トッピング用のアスパラガスは根元のかたい部分を切り落とし、ピーラーなどで皮をむいて茹で、長めに切る。トマト、パンは食べやすい大きさに切る。

グラス(今回はカフェグラスを使用)にベビーリーフを入れ、3を入れる。さらに1と2をそれぞれグラスに入れる。アスパラガス、パン、トマトを立てるように飾る(盛り付けは上、または下の画像を参照。下はトマトありのパターン)。

水煮大豆のフムスとグリンピースディップのサラダパフェのレシピ

memo

・一般的なフムスはひよこ豆で作りますが、ポリ袋で手軽につくれるよう、水煮大豆でアレンジしています。
・今回は、フムスとグリンピースのディップを別々のグラスに盛り付けていますが、1つに両方入れてもOKです。
・合わせるサラダはお好みで、角切りトマトのサラダやワカモレ(アボカドに香辛料などを加えたディップ)などでアレンジしても、彩りがきれいでオススメです。

最後に

水煮大豆のフムスとグリンピースディップで、彩りもきれいなサラダパフェを作ってください。

庄司いずみ

庄司いずみ/Izumi Shoji

野菜料理家/日本ベジタリアン学会会員/庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ主宰

ヴィーガン料理を紹介する著書は70冊以上。日本のヴィーガンブームを牽引してきた人気料理家。 2015年には日本初のヴィーガン料理専門スタジオ『庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ』をオープン。国内外のトップシェフらとのコラボレッスン、定額制オンラインヴィーガンレッスンなどでヴィーガン料理を広く伝えている。 ヴィーガン料理の浸透を願い、商品開発やレシピ監修にも力を注ぐ。近著「初心者からプロまで使える Vegan Recipe Book」、「ヴィーガン和食」など。
ホームページ

Instagram

Twitter

[アスパラガス]栄養や選び方、保存や料理別の切り方まとめ

[アスパラガス]栄養や選び方、保存や料理別の切り方まとめ

アスパラガスは、冬の間に養分を蓄えた根から、春〜初夏にかけて伸び出してくる若い茎の野菜。日光を当てて栽培したものがグリーンアスパラガス、土をかぶせ遮光して育てたものがホワイトアスパラガスになります。

最終更新:2022.06.29

文・写真:庄司いずみ
監修:庄司いずみ、カゴメ
出典:
J-stage「世界の豆料理の調理特性」(フムスとは)