[トマトの種類]ミニトマト編!栄養や簡単レシピも紹介

ひと口サイズの大きさで、お弁当に彩りを添える食材としても重宝するミニトマト。その特徴や種類(品種)、栄養素のほか、簡単レシピも紹介します。

ミニトマトとは

ミニトマトは、サイズの小さなトマトの呼称で、具体的な目安として重さ「20〜30g」のものを指します。もともとは飛行機の機内食用に改良されたもので、プチトマトやチェリートマトとも呼ばれます。
また、直径が「1cm」ほどと、極小粒のものはマイクロミニトマトと呼びます。

ミニトマトの種類

ミニトマトには、色や形の違うさまざまな種類があり、その一部を紹介します。

●フルティカ
皮は薄く、噛んでも中身の飛び出しが少ない品種です。糖度7.5度。

皮が薄く、糖度7.5度のフルティカ

●ノーブル・バイオレット
深みのある紫色でぶどうを思わせる甘い香りが特徴。果肉は少し硬めで、味は濃厚。糖度7.5度。

深みのある紫色のノーブル・バイオレット

●エメラルド
宝石のエメラルドのような緑色のトマト。果肉は弾力性があり、風味は爽やか。糖度7.5度。

宝石のような緑色が特徴のエメラルド

●シャイニング・イエロー
黄色い皮は硬めで、噛むと口内に甘さが広がります。糖度10度。

黄色で糖度10度のシャイニング・イエロー

こんな品種もあります

・ルビー
果肉は硬めでコクがあり、食べごたえがある。糖度はメロン並みで12度ほどある。
・ソフィア・オレンジ
鮮やかなオレンジ色で、香り高い味わい。β-カロテンが豊富。糖度9.5度。
・ピッコラルージュ
目をひくほど赤色が濃いミニトマト。甘みとうまみが強い。
・アメーラルビンズ
噛むとパキッとした強い歯ごたえがある。楕円形で黄色いものもある。   

トマトとミニトマトの栄養素量の違い

トマトとミニトマトの、カリウム、β-カロテン、葉酸の含有量を比較しました。100gで比較すると、β-カロテンがミニトマトに特に多く含まれます。

トマトとミニトマトの栄養素ごとの含有量の比較のグラフ

ミニトマトのおいしいレシピ

ミニトマトをおいしくいただく簡単レシピです。

●ミニトマトのマリネ

ミニトマトを使った爽やかなマリネ

ミニトマトのマリネのレシピ

材料(4人分)

ミニトマト(赤/オレンジ):各10〜15個(お好みで)

タマネギ:1/4個

グレープフルーツ:1/2個

生ハム:4枚

<マリネ液>

すし酢:大さじ3

エキストラバージンオリーブオイル:大さじ1

塩:少々

作り方

トマトは洗ってヘタを取り、食べやすい大きさに切る。タマネギは薄切りにする。グレープフルーツは皮をむき、ひと口大にほぐす。生ハムはひと口大に切る。

マリネ液の材料を合わせて、よく混ぜる。

2に1の材料を入れ、冷蔵庫で冷やして、味をなじませる。

●ミニトマトと海老の炒め物

色鮮やかな炒め物

ミニトマトと海老の炒め物のレシピ

材料(2人分)

ミニトマト(赤/黄):各10〜15個

アスパラガス:2本

ネギ:1/4本

ショウガ(みじん切り):少々

海老:15〜20尾

鶏ガラスープの素:少々

水:30ml

片栗粉:少々

塩:少々

こしょう:少々

ごま油:少々

サラダ油:少々

作り方

アスパラガスを塩茹でして、食べやすい長さに切る。

ミニトマトを半分に、ネギを1.5cm幅の斜め切りにする。

海老は殻をむいて背ワタを取る。片栗粉をまぶしてから、下茹でする。

熱したフライパンにサラダ油を入れ、ショウガを炒める。

1、2も加えて中火で炒め、全体に油が回ったら3も入れ、さっと炒める。

水、鶏ガラスープの素を入れ、ひと煮立ちさせたら、仕上げにこしょう、ごま油を加えてでき上がり。

●ミニトマトのごま味噌汁

ミニトマトと白味噌がよく合う

ミニトマトとごま味噌汁のレシピ

材料(2人分)

ミニトマト:10個

大葉(しそ):2枚

だし汁:400ml

味噌:大さじ2

白すりごま:大さじ2

作り方

ミニトマトを半分に切る。

大葉を千切りにする。

鍋にだし汁を入れて煮立て、1を加えてさっと煮る。

火を止め、味噌を溶き入れてから、ひと煮立ちさせる。

お椀に注ぎ、上から白すりごまを散らし、2をのせてでき上がり。

最後に

料理に合わせて、いろいろな種類のミニトマトを楽しみましょう。

[トマト]おいしいトマトの見分け方と、保存のコツ

[トマト]おいしいトマトの見分け方と、保存のコツ

トマトには大きく分けて2種類あり、果皮が赤い品種の「赤系」、果皮が透明な品種の「ピンク系」に区別されます。現在は品種改良が進み、あまり区別はなくなっています。鮮やかな赤い色の正体は「リコピン」。抗酸化作用があることから、注目が高まっています。

最終更新:2022.07.20

文:アーク・コミュニケーションズ
イラスト:林タロウ
監修・レシピ提供:カゴメ
参考文献:
『新・野菜の便利帳 おいしい編』板木利隆監修(高橋書店)
出典:
独立行政法人農畜産業振興機構「野菜ブック トマト」(ミニトマトの特徴)


農林水産省「aff(あふ)」2017年8月号「トマトの種類と見分け方」(ミニトマトの種類)


厚生労働省「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」(トマトとミニトマトの栄養素)


JA豊橋「おすすめレシピ」 協力:共和印刷(株)(海老&ミニトマト炒め)


農林水産省(ミニトマトごまみそ汁)