[大根の冷凍方法]生、カット、大根おろしで約1カ月保存!

大根を使い切れないときは、冷凍するのがおすすめです。保存もききますし凍ったまま調理ができるので時短にもなります。少しのコツで長持ちする大根の冷凍保存方法を解説します。

カット編:大根の冷凍方法と冷凍期限

葉と根を切り分ける。
大根の葉と根を切り分ける

根は皮をむいて、イチョウ切り、短冊切り、輪切りなど使いやすい大きさに切る。
根は使いやすい大きさに切る

2を冷凍用保存袋に、できるだけ空気を抜いて平らにならして入れる。
切った大根を冷凍用保存袋に入れて空気を抜き平らにする

3をアルミのバットなどの金属トレーにのせて冷凍庫へ入れる。
保存袋に入れた大根を金属トレーにのせて冷凍庫へ

memo

・熱伝導のよい金属製(アルミ・ステンレス)のバットやトレーを使うと、手早く凍らせることができ、味や食感、おいしさが保たれます。

[保存期限]
約1カ月

[使い方]
凍ったまま調理できます。

memo

・半解凍した状態で煮ものなどに使うと、味がしみ込みやすく、おいしく仕上がります。
・大根だけを冷凍保存袋に入れて保存するのもいいですが、何種類かの野菜を一緒に保存しておくと、カレーやシチュー、煮物などにそのまま使えます。

●その他の冷凍ミックス野菜の作り方
冷凍野菜ミックスベジ、ミックスきのこの作り方はコチラ


煮物や汁物に便利な冷凍ミックス根菜の作り方はコチラ


焼きそばなどに便利な冷凍ミックス野菜の作り方はコチラ

大根おろし編:大根の冷凍方法と冷凍期限

大根おろしの水気をきって、ラップに小分けする。
大根おろしの水気を切ってラップに小分けする

1をトレーなどにのせて冷凍庫へ入れる。凍ったら冷凍用保存袋に入れて保存する。
小分けした大根おろしをトレーにのせて冷凍庫へ入れる

[保存期限]
約1カ月

[使い方]
自然解凍して使います。

番外編:大根の葉の冷凍方法&冷凍期限

大根の葉は緑黄色野菜。根には含まれないβ-カロテンという栄養素も含みます。新鮮な葉が手に入ったら、捨てずに使い切りましょう。

細かく刻んで塩もみし、水で洗ってから水気をしっかりと絞る。
大根の葉は細かく刻んで塩もみし、洗う

1を小分けにしてラップで包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫に入れる。
水気を絞った大根の葉をラップで包み保存袋に入れて冷凍庫へ

[保存期限]
約1カ月

[使い方]
凍ったまま調理できます。

大根の葉のレシピはこちら


大根を使い分ける切り方、冷蔵方法についてはコチラ

最後に

大根を冷凍保存して、いろいろな料理で使い切ってください。

[大根]栄養たっぷり!大根の賢い保存方法

[大根]栄養たっぷり!大根の賢い保存方法

ほぼ一年中出回っていますが、晩秋から初冬の秋冬大根が良く知られます。大根の辛みには胃液の分泌を高め消化を促す働きがあるほか、胃腸の働きを助ける数種類の消化酵素も含まれています。旬の時期にはたっぷり味わいたい、体にうれしい野菜です。

最終更新:2022.10.12

文:アーク・コミュニケーションズ
写真:清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
出典:農林水産省「簡単な「冷凍ワザ」で、野菜を新鮮に!おいしく!」(大根の冷凍保存のポイント)