[キャベツ冷凍]1カ月鮮度を保つ保存と、料理別解凍法が便利!

丸ごと買ったキャベツは使い切るまでに鮮度が落ちてしまいがち。変色したり、しなびたりということも多いのではないでしょうか。おいしく使い切るなら冷凍保存がおすすめ。約1カ月保存できるうえ、冷凍のまま調理できるので時短にもなります。

キャベツを使い切る冷凍保存方法

葉を1枚ずつはがし、芯を取ってざく切りにする。
キャベツの葉をはがし、ざく切りにする

冷凍用保存袋に入れて空気を抜き密封し、冷凍庫に入れる。
保存袋に入れて空気を抜き冷凍庫へ

[保存期間]
約1カ月

memo

冷凍する時は、密閉できる保存袋に入れて、できるだけ空気を抜いて厚みをならした後、熱伝導のよい金属製(アルミ・ステンレス)のバットやトレーにのせて冷凍庫へ。手早く凍らせることで、味や食感、おいしさを保ちます。

冷凍キャベツの使い方

●スープや味噌汁などの汁物の場合
解凍せず、そのまま料理に使いましょう。

汁物には、解凍せずそのまま使う

memo

冷凍すると細胞が破壊され、解凍したときに水分が溶けて流れ出ます。この特徴を生かし、そのまま調理することでキャベツに調味料の塩分がしみ込みます。冷凍キャベツから溶け出た水分に含まれた旨みや栄養は汁物に混ざり、おいしく仕上がります。

●サラダやあえ物に使う場合
熱湯をかけて解凍し、水気を絞って使います。

サラダやあえ物には熱湯をかけて解凍して使う

最後に

キャベツは冷凍しておくことで1カ月保存できます。丸ごとキャベツを上手に使い切ってください。

[キャベツ]栄養と選び方や保存、春&冬&夏秋キャベツの違い

[キャベツ]栄養と選び方や保存、春&冬&夏秋キャベツの違い

ビタミンCやビタミンK、葉酸などを多く含む、アブラナ科の野菜。原産はヨーロッパで、日本で広く食べられるようになったのは明治時代からです。

最終更新:2022.10.05

文:アーク・コミュニケーションズ
写真:清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
出典:農林水産省「aff」2017年10月(冷凍したキャベツの調理法)