[キャベツのお弁当&常備菜レシピ]月〜金曜で飽きずに楽しめる

定番野菜のキャベツでつくる、月〜金曜日のお弁当のおかずメニューを料理研究家の高橋千帆さんが伝授してくださいます。ちょっとした工夫で、飽きずに食べられ、おつまみにもなる!見慣れたキャベツが曜日替わりで変身します。

月曜日:キャベツのコールスロー

さまざまな料理の付け合せに。箸休めにもぴったりです。

材料(2人分)

キャベツ:160g

にんじん:30g

塩:小さじ1/2(塩もみ用)

[A]

酢:大さじ1

マヨネーズ:大さじ1

きび砂糖:小さじ1

粒マスタード:小さじ1/4弱(お好みで)

塩:ひとつまみ

こしょう:少々

黒こしょう:お好みで

作り方

キャベツ、にんじんは千切りにしてボウルに入れ、塩もみ用の塩を加えもみ込んでおく。

Aを混ぜ合わせておく。

5分ほどおいてから、1をキッチンペーパーで包み、水分を絞る。

2と3を混ぜ合わせ、味を調える。

memo

家庭で食べる場合は1とAを混ぜ合わせ、そのままみずみずしさを味わってみてください。

黒こしょうをたっぷりかけると、大人向けの味になります。

キャベツのコールスローの作り方

火曜日:キャベツとラディッシュの塩昆布づけ

キャベツの芯を捨てずに、おいしくいただくレシピ。歯ごたえも楽しめる超簡単おかずです!

材料(2人分)

キャベツの葉(太い葉脈も使っても良い):100g

ラディッシュ:3個

塩:ひとつまみ

塩昆布:大さじ1

作り方

キャベツの葉は約2cm幅に切る(太い葉脈は2mm幅くらいの薄切りに)。ラディッシュも2mm幅の薄切りにする。

ポリ袋に1と塩、塩昆布を入れ、袋を振り軽くもみ込む。10〜15分ほどおき味をなじませる。

memo

キャベツの芯を使うと、ポリポリとした食感になり、サラダ感覚でたくさん食べられます。塩を2つまみに増やすと、少し塩辛いですが、漬物のような風味が出ます(日持ちは翌日まで)。

キャベツとラディッシュの塩昆布づけの作り方

水曜日:キャベツのチャプチェ(春雨炒め)

子どもも大好きな、甘くてしょっぱい味付けの春雨炒め。お弁当の箸休めにもぴったりですが、ご飯のおかずにもおすすめです。キャベツの芯を使うと、サクサクとした歯ごたえがあるチャプチェになります。

材料(1人分)

さつまいも春雨(チャプチェ用の太麺の春雨):100g

キャベツの芯(葉でもOK):40g

にんじん:10g

ニラ:10g

[A]

ごま油:大さじ1

すりおろしにんにく:小さじ1/2

すりおろし生姜:小さじ1/2

塩:ひとつまみ

合いびき肉(豚ひき肉でもよい):60g

酒:大さじ1

[B]

きび砂糖:小さじ1と1/2

醤油:大さじ1

オイスターソース:小さじ1

作り方

鍋に湯を沸かし、春雨を茹でる(購入した春雨の指定時間通り)。茹で終わったらザルにあげ、水切りしておく。

キャベツの芯を薄切りにする(葉の場合は約3cm角に切る)。にんじんは千切り、ニラは3㎝の長さに切っておく。

フライパンにAと合いびき肉を入れ、弱めの中火にかける。肉は平らにならしておき、火にかけたらしばらく触らない。

3の肉の表面の色が変わってきたら、キャベツ、にんじん、酒を加え、木べらで全体を混ぜ、焼く。

4にBを入れ、混ぜたら1を加え、全体を混ぜながら水分を飛ばすように焼く。

春雨が茶色く色づいてなじんできたら、ニラを加え塩で味を調える(分量外:適宜)。

memo

春雨にしっかりと味を吸わせるように炒め焼くのがポイント。ニラは火を通しすぎないよう最後に加えます。

キャベツのチャプチェ(春雨炒め)の作り方

木曜日:キャベツとナッツのごちそうコールスロー

みずみずしいキャベツと香味野菜に、ナッツのカリッとした食感とスパイスの香りが効いた一品です。

材料(1〜2人分)

キャベツ:130g

セロリ:20g

しそ(大葉):3枚

塩:ひとつまみ(塩もみ用)

酢:小さじ2

マヨネーズ:大さじ2/3〜大さじ1

ミックスナッツ(素焼き):12g

コリアンダーシード(パウダーでも可):大さじ1

塩・こしょう:各少々

作り方

キャベツは千切りにし、ボウルに入れ、塩もみ用の塩を加えもみ込んでおく。

セロリ、しそを千切りにする。

キッチンペーパーに1を包み、水分を絞って、ボウルに戻す。

3に酢、マヨネーズを加え、混ぜ合わせる。

4に2とミックスナッツ、コリアンダーシードを加えて混ぜ合わせ、塩、こしょうで味を調える。

memo

キャベツは水分が出るので、塩もみをしてから水切りをしましょう。そうすることで、味が薄くならずおいしく作ることができます。

キャベツとナッツのごちそうコールスローの作り方

金曜日:キャベツメンチカツ

キャベツたっぷりで、あっさりと軽く、たくさん食べられるメンチカツです。夕飯のおかずにも大活躍!

材料(2人分)

直径5cm×厚み3cm弱で約4個分

キャベツ:100g(2〜3枚分)

タマネギ(みじん切り):25g

塩:ひとつまみ(塩もみ用)

合いびき肉:100g

塩:ひとつまみ

こしょう:少々

小麦粉:適宜(大さじ2〜3)

溶き卵:1/3個分

パン粉:適量(大さじ2〜3)

揚げ油:適量

ソース:お好みで

作り方

キャベツを千切りにし、ボウルに入れる。塩もみ用の塩を加えて軽くもみ、5分ほど置いておく。

ポリ袋に合いびき肉とタマネギ、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまでもみ込む。

1をザルにあけて、キッチンペーパーでくるみ、ぎゅっと絞る。

2に3を加えさらにもむ。具材がなじんだら4等分にし、形を整える。

4に小麦粉を薄くまぶし、卵にくぐらせたら、全体にふんわりとパン粉を付ける。

5を170℃の揚げ油に入れ、途中で上下を裏返しながら、きつね色になるまで2分ほど揚げて油を切る。

memo

キャベツは塩もみし、水分をぎゅっと絞ってからひき肉と混ぜるのがポイント。水分がなくなることで肉たねとなじみやすく、ジューシーな仕上がりになります。

キャベツメンチカツの作り方

最後に

キャベツがあれば、1週間でいろいろ楽しめます!おいしいキャベツメニューをぜひ取り入れてください。

高橋千帆

高橋千帆/Chiho Takahashi

料理研究家/ベジタブル&フルーツアドバイザー

1980年、北海道生まれ。二女の母。調理、菓子の学校を卒業し、ベーカリー、パティスリーなど、さまざまな経験を重ねる。2007年より、インターネット販売、店舗PR用の菓子製作など、菓子を中心とした活動に従事。その後、出産、子育てを経て、菓子、料理に関わる活動を再スタート。現在は、料理家たかはしよしこ氏の「エジプト塩」スタッフとしても活躍。企業のフードスタイリングも手がけ活躍の場を広げている。「医食同源」の考えを基に、家庭でも簡単に美味しく作れる、カラダが喜ぶ料理を研究している。
Instagram

[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法

[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法

ビタミンCやビタミンK、葉酸などを多く含む、アブラナ科の野菜。原産はヨーロッパで、日本で広く食べられるようになったのは明治時代からです。

最終更新:2022.03.01

文・写真:高橋千帆
監修:高橋千帆、カゴメ