台風19号で甚大な被害を受けた第三セクター三陸鉄道(岩手県宮古市)のリアス線について、全線運転再開に向けて国や岩手県、沿線市町村で組織する連絡調整会議の初会合が8日、宮古市であった。
 会議は非公開。被害の特徴として線路上への土砂流入が多かったことが報告された。関係機関は12月以降、所有する沿線の山林で現地調査を実施する。
 会議後、三鉄の金野淳一運行本部長は「利用客に迷惑を掛けている状況を早く解消したい」と表明。12月中に津軽石−宮古間、田老−田野畑間で運行を再開し、来年3月下旬までに全線で運行再開を目指す方針を示した。
 東北運輸局の保刈芳信鉄道部長は「山林の現地調査を踏まえ、治山、治水など必要な対策を講じていきたい」と話した。
 盛−久慈間163キロを結ぶリアス線は77カ所で土砂の流入、倒木などの被害が確認され、釜石−宮古間と田老−久慈間が不通になっている。