20日午前8時25分ごろ、仙台市若林区今泉2丁目、会社員加藤誠人さん(57)方から出火、木造2階の住宅約120平方メートルが全焼し、隣接する住宅の雨どいも焼けた。仙台南署によると、加藤さんは妻と2人暮らしで、出火当時は2人とも出勤中で不在だった。
 同署によると、午前8時50分ごろには現場から北東に約350メートルの空き地で下草が焼けた跡が見つかった。また、午前9時5分ごろには現場から北に約150メートルの住宅で、柵に貼ってあった政党のポスターが焼け、この家の無職女性(71)が消し止めた。
 女性は「火災現場から帰ってきたらポスターが燃えていた。これまでこのような火災はなく、びっくりしている」と話した。
 三つの火災が連続していることから、同署が関連を調べている。
 現場は六郷中から南西に約600メートルの住宅街。