福島県会津美里町は7日、くらし安心課の佐瀬強消防交通係長(47)が管理する消防団関係の会計から計487万円を横領していたと発表し、同日付で懲戒免職処分にした。
 町によると、横領の時期は同係長に就いた2014年4月〜今年7月。内訳は消防団本部の研修旅行用などのプール金161万円、死亡した現職団員2人の遺族に支払われるべき保険金200万円など。
 元係長は町消防団本部庶務部長を兼任し、関係する通帳や印鑑を1人で管理していた。町の聞き取りに「パチンコや競輪といったギャンブル代や借金返済に充てた」などと説明。今月3日に全額を返還した。
 元係長が担当する消防車の16年度車検費の未払いが7月に分かり、その後の調査で横領が発覚した。町は監督責任を問い、現課長と元課長の計3人を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。元係長を刑事告発するかどうかは消防団と協議するという。