仙台市出身の漫画家で、「ジョジョの奇妙な冒険」を手掛けた荒木飛呂彦さん(57)の原画展「ジョジョ展 in S市杜王町2017」が12日、仙台市青葉区のせんだいメディアテークで開幕した。9月10日まで。2012年以来、5年ぶりの開催で、初日から大勢のファンが会場を訪れた。
 仙台がモチーフの「杜王町」を舞台にした第4部、連載中の第8部を中心にカラー原画、モノクロ原稿など380点以上を展示している。モノクロ原稿は休館日の24日に作品を入れ替える予定で、総展示数は5年前の2倍以上となる。
 会場には第4部のコミック各巻の表紙、名場面のモノクロ原稿の巨大オブジェが登場。第8部で主人公の定助が居候する東方邸も忠実に再現された。ジョジョ情報が満載の「杜王新報 特別号外」も配られた。
 メディアテークには早朝から入場待ちの長い列ができた。午前5時すぎに並んだ大阪府の高校1年服部みちるさん(15)は「生原画を見られるのは貴重な機会。荒木さんの写実的な絵のタッチが好き」と喜んだ。
 荒木さんは「この5年間に描きためた作品もある。来場者の記憶に残る原画展になればいい」と語った。
 原画展は「ジョジョ−」誕生30周年を記念し、河北新報社などの実行委員会と仙台市が主催した。入場券はローソンチケットで発売中。日にち指定土日券と平日券の2種類あり、大人2000円、高校生以下1200円(未就学児無料)。