7月の仙台市長選で、民進党県連は19日、無所属での立候補を予定している同党の郡和子衆院議員(60)=比例東北=の支持を決めた。
 党県連代表代行の桜井充参院議員は「政党は後ろにいて、あまり前に出ないようにやっていきたい」と話した。郡氏を巡っては、社民党県連と共産党県委員会が共に支援を決めている。
 郡氏は離党するかどうか検討している。