復興相の吉野さんは議員会館の事務所で留任発表を聞き「引き続き復興を担えるうれしさと同時に、責任の重さを痛感している」。
 震災の被害が「東北でよかった」と発言して辞任した今村雅弘氏に代わって4月末に就任。地元の福島をはじめ、沿岸被災地を精力的に視察してきた。
 「復興支援団体との意見交換や(東京電力福島第1原発事故による)風評被害対策に一層取り組む」とソフト事業の充実を図る。被災地選出の小野寺さん、鈴木さんが入閣したことを挙げ「閣内で意見を聞けるのは心強い」と語った。