東北楽天は先発岸が攻略されて敗れ、2位に転落した。岸は2−1で迎えた四回1死二、三塁から若月の2点二塁打で逆転を許すと歯止めがかからず、1死二塁でT−岡田に適時打、2死二塁でマレーロに2ランを浴びて合計5失点した。打線は六、七回に計2得点するも反撃が及ばなかった。
 オリックスは七回、4点差に突き放す小島の2点適時三塁打が効果的だった。

 オリックス−東北楽天17回戦(東北楽天12勝4敗1分け、18時1分、京セラドーム大阪、26,324人)
東北楽天 002001100=4
オリックス01050020×=8
(勝)ディクソン18試合8勝6敗
(敗)岸17試合8勝5敗
(本)マレーロ10号(2)(岸)=4回

☆梨田の話ダ
<もったいない> 
 「8、9番に3度出塁されたのはもったいなかった。制球に苦しんだのか、狙いに行ったところがボールになった」(今季ワースト6失点を喫した先発岸に)

☆イヌワシろっかーるーむ
<与田剛投手コーチ(乱調の先発岸について)>
 「長いシーズンでこういうことは一度くらいある。今まで大崩れせずに来た訳だしね」