2日午前2時20分ごろ、愛川町角田の町道で、4人乗りの乗用車がガードレールに衝突、後部座席にいた同町半原、会社員の少女(19)が車外に投げ出され、頭を強く打って死亡した。また同じく後部座席に乗っていた同町内に住む会社員の少女(19)も首に軽傷を負った。

 厚木署は、自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで、車を運転していた厚木市内に住む会社員の少年(19)から事情を聴いている。

 署によると、現場は片側1車線の直線道路の上り坂。車は左右のガードレールに衝突したとみられ、少年が「(車が)スリップして衝突した」と110番通報した。少年と助手席にいた同町内在住の少年(19)にけがはなかった。