「戦争体験を語り継ぐ若葉の会」は13日、戦争体験を語る集いを旧・横浜市立若葉台西中学校(旭区)で開催する。 会員が学童疎開などの体験談を語るほか、片岡正会長(90)が自身の体験を基に執筆した「横浜大空襲」の原稿を、2人の女性が朗読する。 「現役の語り部9人の平均年齢は86歳を超え、このままでは活動の継続が困難な状況にある」と片岡会長。「次の世代の人たちにも語り部として協力してもらい、バトンを引き継いでいきたい」と話している。 参加者には、すいとんや飲み物を振る舞う予定。午前10時〜正午。会費500円。問い合わせは、片岡会長電話045(922)3327。