◆5回大会を10月21日に開催 三浦半島で最大級のウオークイベント「Yokosuka海道ウォーク」の実行委員会が4日、神奈川新聞横須賀支社で開かれ、第5回大会を10月21日の土曜日に開催することを決めた。 「ペリーゆかりの浦賀から日本遺産・三笠へ」と題して、横須賀市の京急線浦賀駅付近から三笠公園までのコース(最長約16キロ)設定。メインの健脚コース(約16キロ)は浦賀コミュニティー広場を、ファミリーコース(約5キロ)は馬堀海岸公園プールをそれぞれスタートし、両コースとも市の中心部・三笠公園をゴールとする。 これまで4回の大会には延べ1万人超が参加した。第5回の応募受け付け開始は、9月初旬ごろを予定している。参加無料。