横浜市とドコモ・バイクシェアが実施しているレンタサイクル事業「baybike(ベイバイク)」で、中区のコンビニエンスストア2店舗に貸し出し・返却拠点(ポート)を新たに設置した。セブン−イレブン・ジャパンとの地域活性化包括連携協定の一環で、コンビニ設置は初。 市都市交通課によると、4日午後にセブン−イレブンの横浜弥生町3丁目店と横浜不老町1丁目店に設置した。増設後の拠点は計52カ所になった。 自転車は2016年度で計約400台、会員登録者は今年3月末時点で前年度比約1万7千人増の約5万6千人。1日当たりの平均利用回数は同約3割増の609回となり、利用が広がっている。 同課は「引き続き同社と連携して設置可能な店舗を検討し、利便性や回遊性の向上に努める」としている。