小田原市出身の4人組バンド「藍(あお)坊(ぼう)主(ず)」の青春ソング「群青」を元にした映画を撮影する企画が動き始めた。クラウドファンディング(CF)で出資を募り、10月に地元・小田原周辺の景色を盛り込んだ作品の完成を目指している。 「群青」は学生時代のやりきれなさ、切ない恋を思い出させる楽曲で、5月にリリースされた。 「すごい良い曲ができたよ。短編映画とかにできたら」。ボーカルのHOZZYさん(35)が親交のある勝又悠監督(南足柄市出身)に熱く語ったところ、早速、勝又監督から物語の展開をまとめた文書が届いた。「群青の世界をさらに深めよう」とプロジェクトが立ち上がった。 音楽配信大手レコチョクが運営する夢を形にするプラットフォーム「WIZY(ウィジー)」を活用し、10月9日まで製作資金を募っている。支援は4千円から。4千円の賛同者は10月22日に小田原、同29日に東京で行う試写会とアコースティックライブに参加できる。HOZZYさんは「ぜひこの面白い企画に参加し、われわれと一緒に最高の作品を作りましょう」と呼び掛けている。 詳細はhttps://wizy.jp/project/37/