理想の花嫁を高校生がデザインするコンテストの最終審査会が9日、横浜市西区の新都市ホールで行われ、最高賞のダイヤモンドプライズに県立津久井浜高3年の菊池結衣さん、木村優花さん、木村貴代子さんのグループが輝いた。 岩崎学園横浜fカレッジ主催。若い人たちに結婚式の良さを伝えようと2009年から始まり9回目。1次選考を通過した県内外の17組50人が、ドレス選びやブーケ制作、メークなどを行い、約1300人の観客を前に自らモデルとなって華やかな姿を披露した。 菊池さんらは、ピンクのドレスに感謝を表す白いダリアを取り入れたブーケを組み合わせ、テーマの「Thank you to all of you」を表現した。 3人は将来、美容系の仕事に就きたいといい「この経験を生かし、お客さまの要望に応えられるようなプロになりたい」と話した。