川崎市出身の3人組ロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」が来年7月28日、中原区の市等々力陸上競技場で凱旋(がいせん)単独ライブを行うことが決まった。今年2月に福田紀彦市長を訪問した際に語った「等々力陸上競技場でコンサートを開きたい」との夢に市側が応えてかなった形。同競技場での音楽イベント開催は初めて。 ライブは「SHISHYAMO NO 夏MATSURI(まつり)!!! 〜ただいま川崎2018」。市立川崎総合科学高校の軽音楽部で2010年に結成された同バンドは、武道館ライブで9千人を動員するなど、10代を中心に人気を集め、テレビCMでも使われた曲「明日も」は川崎フロンターレの応援歌にもなっている。無人の同競技場でミュージックビデオが撮影され、メンバーらは「今度は観客のいる競技場で演奏したい」と話していた。 市側は、近隣への騒音や芝の養生などの課題を一つ一つ解決し、時にはメンバーが近隣町内会の説明会に赴くなどして、実現にこぎ着けたという。ギター・ボーカルの宮崎朝子さんは「今からワクワクしています。私がずーっと生きてきた街でライブができること、とても感謝しています」とコメントしている。 ライブは午後5時開演予定。前売り全席指定6500円。問い合わせは、ディスク・ガレージ電話050(5533)0888=平日正午〜午後7時。