ひと足早くクリスマスの雰囲気を楽しんでもらおうと箱根ガラスの森美術館(箱根町仙石原)で、クリスタルガラス製のツリーがお目見えした。同館は「きらきら輝くツリーを楽しんで」と話している。12月25日まで。 庭園の池に立つ2本のツリーはカップルをイメージ。「ロミオ」(高さ11メートル)と「ジュリエット」(高さ8メートル)と名付けられ、直径約1・4センチのクリスタルガラス計15万粒があしらわれている。 昼間は太陽光、夕方はライトアップにより七色に輝き、写真を撮る来館者らでにぎわう。静岡県三島市から夫婦で訪れた主婦(62)は「クリスタルが輝いて幻想的。雰囲気もロマンチック」と声を弾ませていた。 午前10時〜午後5時半(入館は同5時まで)。12月22〜25日は営業時間を同7時半まで延長する。問い合わせは、同館電話0460(86)3111。