生命保険文化センター(東京都千代田区)が全国の中学生を対象に実施した「第55回中学生作文コンクール」の入賞者が決定した。 「わたしたちのくらしと生命保険」をテーマに作品を募集。今年は過去最多となる全国1150校、3万4394編の応募があり、県内では桐蔭学園中学校女子部の鈴木華子さんの「大きな一歩の原動力」が優秀賞(全国賞)、聖ヨゼフ学園中学校の木村帆花さんの「おばあちゃんとのやり取り」が都道府県別賞1等を受賞した。受賞作品は同センターホームページで閲覧できる。