菅義偉官房長官(衆院神奈川2区)は13日の会見で、史上初の米朝首脳会談について「北朝鮮の諸懸案を解決するための歩みが始まった。緊迫状態が大きく緩和される方向に向かっている」と述べ、歴史的会談の実現が日本の安全保障環境に及ぼす成果を強調した。

 菅氏は「日本にいつミサイルが向かってくるか分からない状況は、この会談で明らかになくなった」と指摘。共同声明に「朝鮮半島の完全非核化」が明記されたことも踏まえ、「わが国の安全保障上、極めて厳しい状況が緩和された」との認識を示した。

 米朝共同声明に非核化への具体的行程が示されなかった点に関しては、「北朝鮮の問題は1回の会談で解決する問題ではない」とし、詳細を詰める米側を支援していく意向を示した。非核化が進み国際原子力機関(IAEA)が検証活動を再開する際は、初期費用を支援する考えがあることも明らかにした。

 一方、トランプ大統領が米韓合同軍事演習中止と将来的な在韓米軍の縮小に言及したことについては、「米側から詳細な説明を受けたい。予断を持って発言することは控えたい」と述べるにとどめた。