◆横浜DeNA4−0日本ハム

 DeNA佐野が1試合2犠飛の球団記録に並んだ。

 2―0の三回1死二、三塁から会心の当たりで中犠飛とし、五回1死三塁では再び中犠飛で三走桑原を迎え入れた。ともに伊藤光が送りバントで広げた好機を確実にものにした。

 この試合前までリーグ3位の打率3割1分4厘を誇りながら、得点圏打率は2割6分2厘で、チーム5位タイの19打点と伸び悩んでいた。三浦監督は「3割打って貢献してくれているが、これで本人の良さがもっと出てきたら」と期待を寄せた。(札幌ドーム)