◆横浜DeNA6−7巨人

 先発大貫は六回途中3失点。初回に3点の援護を受けた右腕は制球に苦しみながらも両コーナーを突いていった。四、六回と坂本に一発を浴びたが、スプリットやツーシームを軸に粘りの投球を披露した。

 救援陣が崩れて、7勝目はお預けとなった大貫は「序盤から思うようなボールが投げられず、修正がうまくできなかった」と反省の言葉が口を突いた。

 昨季から巨人戦は5試合負けなし。自身6試合ぶりにクオリティースタート(6回以上で自責点3以下)を逃し、課題は次戦の白星への糧とする。