◆横浜DeNA6−7巨人

 オースティンが2試合ぶりの26号ソロを放った。4─3の八回、代わったばかりの巨人・畠の外角直球を、逆方向の右翼ポール際まで力で運んだ。

 7試合ぶりの無安打に終わった前日14日のうっぷんを晴らす一発に、「コンパクトなスイングで捉えられた」。最近5試合で4本塁打と、頼れるスラッガーが量産態勢に入っている。