国内最大規模となる犬と人のための会員制複合施設「WANCOTT(ワンコット)」が23日、横浜市中区にオープンする。20日にプレス内覧会が開かれ、106室あるペットホテルや600平方メートルと国内最大級の屋内ドッグパークなどが公開された。 同施設は、賃貸マンションなどが入るレイトンハウス横浜内に開設した。3、4階の2フロア(述べ床面積3300平方メートル)を数億円かけて改装。獣医師やトレーナーなどの専門家のサポートのもと、ホテルやトレーニング、介護・老犬ケア、リハビリ・フィットネスなど、主に六つのサービスを提供する。 ホテルは1・2畳のスタンダードルームなど4種類で、全長30メートルの広い廊下でゆったり過ごせるなど工夫した。ペットの高齢化に伴い介護・老犬ケアの需要も高まっており、専属看護師が24時間体制でサポート。1カ月単位の長期ステイもある。 付近には山下公園などの散歩スポットも多く、近隣住民や観光客の一時預かりとしての需要を狙う。1カ月で延べ3千〜4千人の利用を見込む。 運営するシブヤテレビジョン(東京都渋谷区)の秋元社長は「長年培ったエンタメに関するノウハウを随所に活用したい。安心と喜びを提供したい」と話した。問い合わせはワンコット電話045(264)8730。