平塚市千石河岸の平塚漁港内でおぼれそうになっていた女性(66)を救助したとして、平塚署は16日、ともに同市の漁師、田中雅人さん(58)と中村友紀さん(42)に感謝状を贈った。田中さんは「発見した時は頭だけが海上に見えていた。意識があった状態で助けられてよかった」と話していた。 同署によると、水難事故は3月23日午後3時ごろに発生。同所で海藻を採取していた女性が海に転落し、船の清掃中に助けを求める声に気付いた2人が約200メートル先の桟橋から引き上げた。女性は低体温症で病院に搬送されたが命に別条はなかった。中村さんは「他の漁師たちが帰った後でわれわれが最後だった。当時、水温は十数度で相当寒かったと思う」と振り返った。