出席停止は、学校保健安全法第19条で「校長は感染症にかかっており、かかっている疑いがあり又はかかるおそれのある児童生徒等があるときは、政令で定めるところにより、出席を停止させることができる」と定めています。

 日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会2017年4月改訂版を元に「学校、幼稚園、保育所で予防すべき感染症」を掲載しています。

 では、感染症毎で違う登校(園)基準をみてみましょう

・インフルエンザの登校(園)基準は、発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過した後。幼児においては、発症した後5日を経過し、かつ解熱した後3日を経過した後。とされています。

・手足口病の登校(園)基準は、症状が回復した後

・腸管出血性大腸菌感染症の場合は、感染のおそれがないと認められた後

・ノロウイルス感染症の場合は、下痢、嘔吐が消失した後

・溶連菌感染症の場合は、適切な抗菌薬による治療開始後24時間以降

・麻しんの場合は、解熱後3日経過した後

・風しんの場合は、発疹の消失後。

 子どもが集団生活をおくる学校、幼稚園、保育所においては、感染症に罹患する機会が多くあるため、感染対策が望まれます。学校、幼稚園、保育所での感染対策の参考として広く普及され、子どもの健康が守られることを望みます。

【関連記事】
 学校、幼稚園、保育所で予防すべき感染症 感染症毎の登校、登園基準をご覧ください。

情報元:公益社団法人日本小児科学会ホームページ>学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説(日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会)2017年4月改訂版より
更新:2017/10/2